Q:DSI(遅延導入気管挿管)とは何か?

A:DSI(delayed sequence intubation) は RSI(rapid sequence induction/intubation:迅速導入気管挿管)に相対する言葉で、RSI が意識消失から気管挿管完了までの時間を最短にすることで、誤嚥のリスクを最小限にすることを目的としているのに対して、DSI は患者の可及的に酸素飽和度を低下させないことを目的としている。

RSI は、意識消失から気管挿管完了までの時間を最短にするために、鎮静剤と筋弛緩剤を一気にボーラス投与する。通常は、非再呼吸マスクによって十分な前酸素化を行った後に、薬剤を投与してバッグマスク換気などの補助呼吸を原則行わずに、輪状軟骨圧迫下に気管挿管を試みる。しかし、患者が不穏や興奮、せん妄状態にあって、十分な前酸素化が行えていない場合であっても、一か八かのいわば「賭け」に出なくてはならない。

これに対して、DSI は、鎮静剤としてケタミンを使用して、患者の自発呼吸や咽頭喉頭反射を温存しつつ、意識を喪失させて不穏や興奮、せん妄状態といった前酸素化を障害している要因を取り除き(解離状態)、非再呼吸マスクや NIV で十分な前酸素化を行った上で、筋弛緩剤を投与して気管挿管を試みる方法である。

RSI のように、鎮静剤と筋弛緩剤を一気にボーラス投与するのではなくて、ケタミンによって呼吸抑制を最小限としつつも意識喪失を起こさせ、それによって気管挿管に必要な前処置を十分に行えるようにする、いわばケタミンによる処置鎮静を行うのである。何を遅らせるのかと言うと、要するに十分な前酸素化が行えるように、筋弛緩剤の投与を遅らせるのである。

呼吸抑制作用の強いプロポフォールやミダゾラムなどは推奨されていない。

集中治療室で、不穏状態となっている重症呼吸不全患者や小児など前酸素化に協力的でない患者などに適用されてしかるべき方法である。

画像

この図は、以下の文献から引用して日本語化した。
Delayed sequence intubation: a prospective observational study.
Ann Emerg Med. 2015 Apr;65(4):349-55. doi: 10.1016/j.annemergmed.2014.09.025. Epub 2014 Oct 23.

<関連記事>
Q:迅速導入(RSI)はどうやるか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 病院外気管挿管前後低酸素症を軽減するための臨床バンドルの導入

    Excerpt: ・気管挿管前後低酸素症は、病院外の迅速挿管の重要な有害事象である。このプロジェクトの目的は、標準的な院外迅速導入挿管と比較して、体位取り、無呼吸酸素化、遅延導入挿管、目標指向型前酸素化を包含する臨床バ.. Weblog: 麻酔科勤務医のお勉強日記 racked: 2018-06-13 21:53
  • 遅延導入気管挿管:前向き観察研究

    Excerpt: <編集者サマリ> ・このトピックで既に知られていること:不穏せん妄のある一部の患者では、適切な前酸素化は困難か、不可能でさえある。 ・この研究で取り組まれた疑問:この小規模な観察研究は、短時間のケ.. Weblog: 麻酔科勤務医のお勉強日記 racked: 2018-06-14 06:58
  • オーストラリア、ビクトリア州の集中治療搭乗救急隊員による遅延導入挿管

    Excerpt: ・遅延導入気管挿管(DSI)は、不穏な患者における十分な前酸素化を促進するためにケタミンの投与を含む。DSI は、2013 年後半にビクトリア州の集中治療搭乗救急隊員のための臨床診療ガイドラインに導入.. Weblog: 麻酔科勤務医のお勉強日記 racked: 2018-06-17 07:57