数十年ぶりの自炊!その40:「ベーコンエッグ丼」

我が家の朝食のおかずの定番は、「ベーコンエッグ」と「豆腐とワカメの味噌汁」だ。さすがにこの二品だけは、かなりの回数作ったので自分ながら上手になったと自負している。

まずは、女房に教わったベーコンエッグの作り方から。

① 強火で熱したフッ素(テフロン)加工のフライパンに、サラダ油など敷かずに、ベーコン半切り 2 枚を少し5~10mm 程度の隙間を開けて並べて、ベーコンの上にちょうど重なるように卵を割り落とす。
② 火を中火位に弱くして、フライパンに蓋をして黄身の表面が少し白くなるまで放置する。
③ 表面が一様に白くなったら火を止めて1分間放置してお皿に盛る。
一般的な作り方からすると、「油を敷かない」「水を加えない」「塩胡椒しない」と言う点が違うのかな。油は敷かなくてもベーコンの脂で十分。また水を加えなくても卵とベーコンから出る水分で十分に蒸される。塩胡椒はしたい人が自分でかければ~、ということだ。
やや時間がかかるが、超シンプルで、いい塩梅に半熟のベーコンエッグが出来上がる。

ベーコンエッグ丼.png今日紹介する、「ベーコンエッグ丼」は、上記したようなスタンダードなベーコンエッグを使用しても良いが、電子レンジで簡単に作ったベーコンエッグを使用することにする。世の中には、「レンジで簡単 どんぶり・ハムエッグ」などという電子レンジ専用の調理器具まで売られているようだが、そんなものも不要だ。

<参考レシピ>
レンジだけ☆ベーコンエッグ丼☆簡単ズボラ
ベーコンエッグ&キャベツのっけ丼♪
簡単朝ごはん ベーコンエッグキャベツ丼

【 材料 】(1 人分)
・ベーコン(または ハム) 1枚(20cm)
・卵 1 個
・キャベツの千切り(あるいは、レタスを小さくちぎったもの)
・ご飯 茶わん一杯分
・マヨネーズ 適量
・醤油(ケチャップ、ソースなどお好みで) 適量

【 調理法 】
1.直径 十数cm くらいの小皿に 10cm 四角程度のクッキングシートを敷く。単に洗い物を減らしたいだけなので、省略可です。
画像

2.ベーコン(または ハム)を 4 片に切ってシートの上に「田」の字型に、十文字に隙間ができるように並べて、その上に卵を割り落とす。フライバンだとうまく重ならないけど、小皿だとベーコン(あるいはハム)と卵がちょうどうまく重なります。卵の黄身に爪楊枝で数カ所穴をあける(爆発予防、これ大事!)。
画像

3.電子レンジ 600W で 1 分 20 秒。 500W なら 1 分 40 秒くらい。
画像

4.過熱を開始したら、丼に「ご飯」→「キャベツの千切り」の順に乗せ、キャベツにマヨネーズか、ドレッシングをかけて、加熱終了を待つ。その上に、レンチンしたベーコンエッグを載せる。
5.醤油、ケチャップ、ソースなどお好みのものをかけていただきます。個人的には醤油ベースのドレッシングがお勧めです。

<このレシピのウリ>
・フライパンが必要なく、洗い物は丼と箸だけ。
・カット野菜があれば、レトルトカレーや即席ラーメンにも負けない超時短の 2~3 分で出来上がる。
・野菜、蛋白質、脂質、炭水化物がバランスよく摂取できる。

※ 仕上がりの画像を撮るのを忘れていました。次回作った時に画像を入れますね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 数十年ぶりの自炊!その41:お好みキャベ玉飯

    Excerpt: 今日紹介する「お好みキャベ玉飯」は、前回の「ベーコンエッグ丼」の材料にとろけるチーズを加えるだけのシンプルな材料で作ります。 Weblog: 麻酔科勤務医のお勉強日記 racked: 2018-06-15 10:05