帝王切開脊椎麻酔における高比重ブピバカインの投与量に及ぼすクモ膜下デキスメデトミジンの効果

・研究では、中枢または末梢神経ブロックの補助薬としてデキスメデトミジン(Dex)を局所麻酔薬に添加すると、鎮痛の持続時間を延長できることが示されている。著者らは、クモ膜下 Dex がクモ膜下高比重ブピバカインの ED95 を減少させることができると仮定した。そこで、著者らはこの仮説を検証するために、本前向き二重盲式無作為化研究を行った。

・二重盲式無作為化法を用いて、90 人の患者をデキスメデトミジン群(ブピバカイン+5μg デキスメデトミジン)と対照群(ブピバカイン+同量の生食)に割り付けた。各群の最初の患者は、5mg の IT 高比重ブピバカインを投与され、次の患者の用量は、前の用量の麻酔が成功する確率によって決定された。プロビット分析を併用した修正上下逐次割り当て法を用いて、2 群のクモ膜下高比重ブピバカインの ED95 を決定した。

・Dex 群と対照群の IT 高比重ブピバカインの ED95 と 95% 信頼区間(95%CI)は、それぞれ 8.4mg(95%CI、6.5~13.8mg)と 12.1mg(95%CI 8.3~312.8mg)である。知覚ブロックの持続時間は、Dex 群では対照群よりも長かった(110.3±35.3 vs 67.5±26.2)。鎮痛持続時間も、Dex 群の方が対照群よりも長かった(224.9±45.4 vs 155.1±31.6)。術後レスキュースフェンタニルの消費量は、Dex 群よりも対照群の方が有意に多かった。

・帝王切開術を受ける患者では、脊椎麻酔下でクモ膜下デキスメデトミジン 5μg は高比重下ブピバカインの抗侵害受容性を 31.7% 増強した。

[!]:クモ膜下にブピバカインとデキスメデトミジンを併用した場合は、ブピバカインを 30% 減量できると。

【出典】
The effect of intrathecal dexmedetomidine on the dose requirement of hyperbaric bupivacaine in spinal anaesthesia for caesarean section: A prospective, double-blinded, randomized study
BMC Anesthesiology 2018 18 : 74

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック