根治的胃切除術後の術後疼痛に及ぼすプロポフォール麻酔とセボフルラン麻酔の効果:無作為化比較試験

・根治的胃切除術後、患者は重度の痛みを経験することがある。いくつかの研究では、プロポフォールの使用が術後疼痛を有意に減少させたと報告されており、他の研究者はこの効果は有意ではないと主張している。そこで、著者らは、プロポフォールによる麻酔が、開腹根治的胃切除術後に疼痛を軽減するのに役立つかどうかを評価することを目的とした。

・開腹根治的胃切除術を受ける 60 人の患者を、プロポフォールまたはセボフルラン群(それぞれ n=30)に無作為に割り付けた。プロポフォールの目標制御注入法またはセボフルランの吸入(バイスペクトル指数 40~60 に調節)を維持した。全患者に、術中デキスメデトミジン、デキサメタゾン、術後フルルビプロフェンアキセチル、ならびに患者管理フェンタニルを含む標準化マルチモーダル鎮痛法を適用した。血行動態、疼痛スコア、フェンタニル消費量、有害事象、退院後 1 ヶ月と 3 ヶ月の慢性疼痛の発生率が記録された。

・術後疼痛強度は全患者で比較的低~中程度であった。プロポフォール群は、セボフルラン群と比較して、安静時と咳嗽時、術後 48 時間までの疼痛スコアが低かった(P<0.05)。手術後 0~24 時間の累積フェンタニル消費量は、プロポフォール群の方が少なかった(364.4±139.1 vs 529.3±237.9μg、P=0.002)。しかし、0~48 時間のフェンタニル消費量については、2 群間の差は有意ではなかった(710.9±312.8 vs 850.9±292.0μg、P=0.078)。群間の有害事象や慢性疼痛の発生率に差はなかった。

・全体的に、マルチモーダル鎮痛アプローチは、プロポフォールまたはセボフルランのいずれかで麻酔を受けた全患者において、開腹根治的胃切除術後に術後痛を減少させた。さらに、著者らの結果は、特に術後早期において、プロポフォール群の法が良好な鎮痛転帰を示した。

[!]:プロポフォール麻酔とセボフルラン麻酔では、プロポフォール麻酔の方が術後早期の鎮痛が良好であると。

【出典】
Effects of propofol anesthesia versus sevoflurane anesthesia on postoperative pain after radical gastrectomy: a randomized controlled trial.
J Pain Res. 2018 Jun 25;11:1247-1254. doi: 10.2147/JPR.S164889. eCollection 2018.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック