高度と中等度の筋弛緩がロボット胃切除後の回復の質に及ぼす影響

・深い筋弛緩が中等度の筋弛緩よりも良好な術後回復をもたらすかどうかは依然として不明である。そこで、本研究では、ロボット胃切除術を受ける患者の術後回復の質に及ぼす高度筋弛緩 vs 中等度筋弛緩の効果を比較することを目指した。

・2 つの並行群を有する本前向き二重盲式単施設無作為化対照優位性試験では、待機的ロボット胃切除予定の 56 人の成人患者(年齢 19~~80 歳)を、中等度筋弛緩群か、または高度筋弛緩群に 1:1 の比率で割り当てた。高度と中等度筋弛緩群では、ロクロニウムの注入速度は、それぞ PTC 1~2、または TOF カウント 1-2 を維持するように調整された。主要評価項目は術後 1 日の QoR-40 スコアであった。副次評価項目は、術後 2 日目の QoR-40 スコア、術中血行動態データ、術中呼吸データ、疼痛の視覚アナログスケールスコア、術後嘔気嘔吐の発症、術後レスキュー鎮痛剤使用、術後レスキュー鎮吐薬使用であった。

・術後 QoR-40 スコアは術後 1 日と 2 日において 2 群間で同等であった。さらに、2 群では、術中の循環動態および呼吸器系のデータまたは術後の疼痛、嘔気嘔吐、レスキュー薬物の使用に差はなかった。

・本研究の結果は、ロボット胃切除後の回復の質は、高度と中程度の筋弛緩において同様であることを示唆している。したがって、ロボット胃切除術中の高度筋弛緩は、少なくとも肥満指数が正常な入院患者にとっては不必要である可能性がある。

[!]:ロボット胃切除術では、術後回復の質から見た点で、肥満指数が正常なら高度筋弛緩は必要ないと。

【出典】
Effects of deep vs moderate neuromuscular block on thequality of recovery after robotic gastrectomy
Acta Anaesthesiologica Scandinavica ? Kim HJ, et al. October 18, 2018

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック