乳癌手術に際しての全静脈麻酔 vs 吸入麻酔:後ろ向きコホート研究

・使用される麻酔の種類と癌再発との間の関連性は議論の余地がある。本後ろ向きコホート研究は、全静脈麻酔と吸入麻酔が主要評価項目としての乳癌手術後の無再発生存に及ぼす影響を比較した。

・著者らは、2005 年 1 月から 2013 年 12 月までに、三次診療教育病院で、乳癌手術を受けた患者の電子カルテをレビューした。患者は、手術に際して、全静脈麻酔か、または吸入麻酔を使用したかによって群分けされた。傾向スコアマッチングを使用して、ベースライン特性の差を考慮した。 Kaplan-Meier 生存曲線を構築して、無再発生存率と全生存率に対する麻酔の種類の影響を評価した。癌再発と全死因死亡のリスクを、各麻酔タイプ間で比較した。

・研究期間中に乳癌手術を受けた患者 7678 人のうち、 5,331人の患者が分析に利用可能であった(静脈群、n=3,085、吸入群、n=2,246)。傾向スコアマッチングの後、各群に 1,766 人の患者が残った。Kaplan-Meier 生存曲線から、2 群間に無再発生存期間や全生存期間に有意差はなく、5 年無再発生存率は静脈群で 93.2%(95%CI、91.9~94.5)で、吸入群では 93.8%(95%CI、92.6~95.1)であった。吸入麻酔は全静脈麻酔と比較して、無再発生存率(ハザード比 0.96; 95%CI 0.69~1.32、P=0.782)や全生存率(ハザード比 0.96 95%CI 0.69~1.33P=0.805)に何ら有意な影響を及ぼさなかった。

・著者らは、使用した麻酔法と乳癌の長期予後との間になんら関連性がないことを見出した。本後ろ向きコホート研究の結果は、乳癌手術に際して、静脈、または吸入麻酔の具体的な選択について示唆するものではない。

[!]:乳癌手術に際しては、吸入麻酔と静脈麻酔で長期予後に何ら差は示さなかったと。

【出典】
Total Intravenous Anesthesia versus Inhalation Anesthesia for Breast Cancer Surgery: A Retrospective Cohort Study.
Anesthesiology. 2018 Oct 29. doi: 10.1097/ALN.0000000000002491. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック