麻酔科勤務医のお勉強日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 外来肩手術患者における末梢神経ブロックと術後転帰との関連性:単施設対応コホート研究

<<   作成日時 : 2019/01/07 07:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

・区域麻酔は全身麻酔と比較して術直後の利点があるかもしれないが、退院後転帰への影響はあまり明らかにされていない。著者らの目的は、区域麻酔と外来肩関節手術後転帰との関連性を調査することであった。

・著者らはオタワ病院で歴史的コホート研究を実施した。2011 年 1 月 1 日から 2016 年 12 月 31 日までの待機的外来肩関節手術を受けた年齢 18 歳以上の成人が含まれた。潜在的交絡因子を調整するために 1 対多の粗大完全マッチング(CEM)を使用して、末梢神経ブロック(PNB)患者と PNB を受けなかった患者をマッチングした。マッチしたコホート内で、PNB が予定外入院、救急外来受診、再入院、術後 30 日以内の死亡を含む主要な複合アウトカムと関連しているかどうかを評価した。

・選択基準を満たした患者は 1,623 人であった。PNB は 1,382 人(85.2%)の患者に実施された。CEM は、PNB を受けなかった 211 人の患者と、 PNB を受けた同様の特徴を持つ 950 人の患者とをマッチングさせた(n=1,161;全コホートの 71.5%)。PNB を受けていない患者と比較して PNB を受けた患者では、複合転帰のリスク(相対リスク、1.58、95%信頼区間[CI]、0.83〜3.01)、または病院費用(平均の比率 0.73、95%CI、0.21〜2.49)に差はなかった。

・外来肩関節手術における末梢神経ブロックは術後の複合有害転帰における有意差と関連していなかった。それにもかかわらず、退院後事象の予想よりも低い発生率、ならびに術後事象と PNB を関連付ける中程度の効果サイズを考えると、退院後転帰を評価するための今後の大規模前向き試験が必要である。

[!]:有意差はないものの、末梢神経ブロック群の方が複合転帰リスクがやや高い!?
【出典】
Association of peripheral nerve blocks with postoperative outcomes in ambulatory shoulder surgery patients: a single-centre matched-cohort study.
Can J Anaesth. 2019 Jan;66(1):63-74. doi: 10.1007/s12630-018-1234-8. Epub 2018 Oct 17.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
外来肩手術患者における末梢神経ブロックと術後転帰との関連性:単施設対応コホート研究 麻酔科勤務医のお勉強日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる