麻酔科勤務医のお勉強日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 低リスク皮膚軟部組織手術を受ける小児患者における有害転帰の予測因子:6730 人のデータベース分析

<<   作成日時 : 2019/01/05 07:42   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

・低リスクの皮膚軟部組織手術を受ける小児患者のリスク層別化に関するデータは不足している。低リスクの皮膚軟部組織手術を受ける小児コホートで、術後合併症と予定外の 30 日再入院の発生率と、独立予測因子を調査しようとした。

・本研究には、米国外科学会手術の質改善プログラムに継続的に登録されている小児病院で 2 年間にわたり皮膚軟組織の小手術を受けた小児患者が含まれた。主要評価項目は術後 30 日合併症複合であった。副次評価項目は、予定外 30 日再入院であった。

・最終分析には 6,730 人の患者が含まれた。152 人の患者のうち合計 170 件の術後合併症(2.23%)があり、合併症の大部分は創部関連または術後人工呼吸のいずれかであった。術後合併症のリスク増加の独立予測因子は、ASA-PS 分類≧3 と栄養不良であった。予定外再入院は 41 件(0.61%)あった。術後創部合併症の存在、あるいは登録病院在院中の術後肺合併症の存在は、予定外 30 日再入院の独立危険因子であった。

・ASAーPS 分類 3 以上で低リスク手術を受ける栄養不良の小児患者は術後合併症の発症の危険がある。創部と術後肺合併症を発症する患者は、予定外 30 日再入院のリスクが高い。これらのハイリスク患者を同定することによって、麻酔科医がこれらの合併症の発生の可能性を最小限とするために標的治療を実行することが可能になるかもしれない。

[!]:小児に起こりやすい合併症は、成人と同じくやはり創部感染と肺合併症なのかな。

【出典】
Predictive factors for adverse outcomes in pediatric patients undergoing low-risk skin and soft tissue surgery: A database analysis of 6730 patients.
Paediatr Anaesth. 2019 Jan;29(1):44-50. doi: 10.1111/pan.13550.

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
低リスク皮膚軟部組織手術を受ける小児患者における有害転帰の予測因子:6730 人のデータベース分析 麻酔科勤務医のお勉強日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる