Q:麻酔関連薬物の名称の由来とは?(パート 2)

● 「ヘスパンダー」の名称の由来
・薬品名:ヒドロキシエチルデンプン70000(Hydroxyethylated Starch)

成分の一般名である「ヒドロキシエチルデンプン」の略語「HES」と plasma expander(血漿増量剤)に由来する。「ヒドロキシエチルデンプンを使用した血漿増量剤」という意味で命名されている。

● 「アセリオ」の名称の由来
・薬品名:アセトアミノフェン(Acetaminophen / Paracetamol)

有効成分であるアセトアミノフェンの名前の一部(acetaminophen)と液剤(liquid)に、痛み・発熱を取り除く(off)の意味を組み合わせて「アセリオ(acelio)」と命名されている。ちょっと無理ありすぎると思うけど・・・・。アセリオが発売されるまでは、アセトアミノフェンは内服型の粉末状のものしかなかったが、静脈内投与可能な液剤にしたという点で周術期にも使用できるようになり利用範囲が広がった。

● 「ロピオン」の名称の由来
・薬品名:フルルビプロフェン アキセチル(Flurbiprofen axetil)

ロピオン酸系非ステロイド性鎮痛剤であることから命名されている。

● 「ブレビブロック」の名称の由来
・薬品名:エスモロール塩酸塩(esmolol hydrochloride)

接頭辞 brevi-(短い)に、この薬剤の薬効分類である beta-blocker(β遮断剤)より命名されている。つまり、「短時間作用型のベータ遮断剤」という意味が込められている。

● 「オノアクト」の名称の由来
・薬品名:ランジオロール塩酸塩(Landiolol Hydrochloride)

小野薬品工業株式会社の自社名である「ONO」の「ACTIVE」な化合物であることより命名された。これほど自社名を前面に出した命名も珍しい。小野薬品は、これ以外にも、抗喘息薬・抗アレルギー薬として、プランルカスト水和物を「オノンカプセル」という名称で販売している。なかなか自己主張の強い会社である。

ミダゾラム1.png● 「ドルミカム」の名称の由来
・薬品名:ミダゾラム(Midazolam)

dormancy(休眠(状態))、dormant(眠っている(ような), 睡眠状態の)から類推されるように、「dorm」という語幹には「眠り」という意味があり、「睡眠状態をきたす薬物」という意味が込められている。

<関連記事>
Q:麻酔関連薬物の名称の由来とは?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック