■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/03/27




【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (m______) (a__________) : 粟粒性無気肺

(2) (u_________) : 脱共役

(3) (u_______) (a_________) : 泌尿器科麻酔

(4) (o_____) (c______) : 酸素瀑布/酸素カスケード

(5) (a____________) (d___) : 抗凝固薬


[解答]
(1)miliary atelectasis(2)uncoupling
(3)urologic anesthesia(4)oxygen cascade
(5)anticoagulant drug


[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(中枢神経) 頭部外傷後一旦清明となった後再び意識低下をきたした場合には何を考えるか?
1) 急性硬膜外血腫
3) 急性硬膜下血腫
5) 外傷性クモ膜下出血
2) 慢性硬膜下血腫
4) 脳挫傷


[解説] 意識障害の発現が急激な場合には、くも膜下出血、脳塞栓、脳内出血などを考え、意識障害の発現が緩徐な場合には、脳血栓、慢性硬膜下血腫、脳腫瘍、頭蓋外疾患などを考える。頭部外傷後一旦清明となった後再び意識低下をきたした場合には急性硬膜外血腫を考える。


[正解] 1 [出典] クリティカル記憶術2P6




【問題3】(心臓・血管) リドカインが有効な不整脈は?
1) 心室頻拍
3) 完全房室ブロック
5) 洞不全症候群
2) 心房粗動
4) 発作性上室性頻拍


[解説] リドカイン(キシロカイン)は心室性不整脈の治療にしか適応がない。他の抗不整脈薬(キニジン、リスモダン、アミサリン、インデラール、メキシチール、ワソラン)は上室性・心室性双方に効果がある。


[正解] 1 [出典]




【問題4】(循環管理) 発生部位がはっきりしない QRS 幅の広い(0.12 秒以上)頻拍発作の治療に使用する薬物はどれか.
ア:プロカインアミド
ウ:アデノシン
オ:----
イ:リドカイン
エ:ベラパミル


[解説] (ア):(正)Ia 群の抗不整脈薬(アミサリン):ナトリウムチャネルに結合する.心室の不応期を延長させる.QT 時間が延長する.20 mg/min で緩徐に静注.総量 17 mg/kg まで.
(イ):(正)Ib 群の抗不整脈薬(キシロカイン):速いナトリウムチャネルを遮断する.メキシレチンも Ib 群に属する.
(ウ):(正)洞結節自動能の抑制,房室伝導の抑制,房室結節の不応期延長,リエントリー性上室性頻脈に有効(アデホス)
(エ):(誤)IV 群の抗不整脈薬(ワソラン):ベラパミルは,WPW の心房細動に伴う頻拍発作,確実に上室性とはいえない QRS 幅の広い頻拍,では使用しない.



[正解] (ア)、(イ)、(ウ) [出典] Super Hospital 麻酔科

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック