重症成人患者の気管挿管のためのアルゴリズム

重症成人患者の気管挿管管理のためのガイドライン(Guidelines for the management of tracheal intubation in critically ill adults)
Br J Anaesth. 2018 Feb;120(2):323-352. doi: 10.1016/j.bja.2017.10.021. Epub 2017 Nov 26.
に記載されている「重症患者の気管挿管のためのアルゴリズム」は、Vortex アプローチを組み入れたフローチャートで、ICU や HCU などに置いておくとよいかなと思い、日本語版を作成してみました。
画像

Vortex アプローチでは、声門上気道(SGA)、フェイスマスク換気、気管挿管による酸素化をそれぞれ最大 3 回まで許容しており、専門家による各器具での 4 回目の試行選択肢もある。すべての試みが失敗、あるいは臨床症状の悪化があれば FONA(Front Of Neck Airway : 前頸部気道) へ移行することを義務付けている。Vortex アプローチは、エビデンスは限られているが、かなり直感的な魅力を持ち、その要素はこれらのガイドラインに組み込まれている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 重症患者での CICO アルゴリズム

    Excerpt: 重症成人患者の気管挿管管理のためのガイドライン(Guidelines for the management of tracheal intubation in critically ill adult.. Weblog: 麻酔科勤務医のお勉強日記 racked: 2019-03-18 07:09