《レビュー》 トラネキサム酸と外傷

外傷.pngこれまで当ブログで紹介した記事から、外傷とトラネキサム酸に関連した文献をまとめて紹介する。

外傷患者でのトラネキサム酸の病院前投与の有効性:無作為化比較試験のメタ分析
著者らは、系統的レビューとメタ分析を実施して、トラネキサム酸の病院前投与がプラセボと比較して患者の予後を改善するかどうかを評価した。主要評価項目は、24 時間と、30 日死亡率、入院中の血栓塞栓性合併症であった。92 件の参考文献のうち、2 件の分析研究が包含基準を満たした。24 時間死亡率に及ぼすトラネキサム酸の効果は、プールしたオッズ比(OR)は 0.49(95%CI 0.28-0.85)、30 日死亡の OR は、0.86(95%CI、0.56-1.32)、血栓塞栓事象の OR は、0.74(95%CI、0.27-2.07)であった。病院前トラネキサム酸投与は、外傷患者の早期死亡率を低下させるようである。プールされた分析はまた、30 日死亡率が低下し、血栓塞栓事象のリスクが低下する傾向を示している。

出血している外傷患者でのトラネキサム酸の早期投与の重要性:CRASH-2 無作為対照試験の探索解析
CRASH-2トライアルは、40 カ国 274 病院で行われた。重篤な出血、またはそのリスクのある成人外傷患者 20211 人は、外傷後 8 時間以内に、トラネキサム酸群(初期負荷量 1g を 10 分で投与後、8 時間かけて 1g を投与)か、偽薬群に無作為化された。トラネキサム酸の出血死に与える効果は、受傷から治療開始までの時間に従って変化するという強いエビデンスを得た。早期治療(受傷から 1 時間以内で)は有意に出血死リスクを低下させ(トラネキサム酸群の 198/3747[5.3%] vs 偽薬群 286/3704[7.7%];相対危険度[RR] 0.68;p<0.0001)、1~3 時間でも、出血死リスクを減らした(147/3037[4.8%] vs 184/2996[6.1%];RR 0.79;p=0.03)。3 時間経ってからの治療は、出血死の危険性を高めるようであった(144/3272[4.4%] vs 103/3362[3.1%];RR 1.44;p=0.004)。出血している外傷患者にはできるだけ早期にトラネキサム酸を投与するべきである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック