声門上気道器具の性能に及ぼす頭頸部体位の影響:系統的レビューとメタ分析

・頭頸部体位の変化は、咽頭構造を変化させることによって声門上気道器具(SAD)の性能に大きな影響を与える可能性がある。この系統的レビューとメタ分析は、SAD のパフォーマンスに及ぼす頭頸部体位の変化の影響を解明することを目的としていた。

・PubMed、EMVASE、Cochrane ライブラリ、Web of Science を含む文献データベースから、頭頸部体位が SAD の成績に及ぼす影響を調査した前向き研究を検索した。ランダム効果モデルを全解析に適用した。器具の種類と患者の年齢に従って、サブ群分析を実施した。口咽頭リーク圧が主要評価項目の尺度であった。副次評価項目には、最高吸気圧、ファイバー視野、換気スコアが含まれた。

・17 件の研究が適格基準を満たした。総じて、口咽頭リーク圧は、頸部屈曲中に有意に増加し(平均差 4.07cmH2O ; 95%信頼区間 3.30~4.84)、換気およびファイバー視野に悪影響を及ぼした。逆に、口咽頭リーク圧は、頸部伸展中に減少し(平均差 -4.05; 95% 信頼区間 -4.90~3.20)、換気またはファイバー視野に有意な影響を及ぼさなかった。頭部と頚部の回転は、SAD のパフォーマンスに大きな影響を与えなかった。

・頸部伸展位での口咽頭リーク圧の低下は、air-Q 自己膨張型エアウェイを除いて換気障害と関連していなかった。頚部屈曲位は、air-Q 自己膨張型エアウェイと LMA Proseal を除いてシールを改善したにもかかわらず、換気と、SAD-声門アラインメントを有意に悪化させる。

[!]:ということは、SAD 留置中は、少なくとも屈曲はしない方が良いのかな。

【出典】
Influence of head and neck position on the performance of supraglottic airway devices: A systematic review and meta-analysis.
PLoS One. 2019 May 9;14(5):e0216673. doi: 10.1371/journal.pone.0216673. eCollection 2019.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック