EPUB(イーパブ)とは?

ここのところ、「麻酔パワーアップ読本」のファイル形式として、PDF ファイルの他に、EPUB 形式のファイルを作成したので、その経過に関連して・・・。

EPUB とは、電子書籍ファイルの 1 形式のことです。"Electronic PUBlication"、つまり「電子出版」の意味を持ち「epub」、「ePub」などとも表記されます。

電子書籍ファイルの形式として「PDF」は、既によくご存知でしょう。Portable Document Format(ポータブル・ドキュメント・フォーマット、「可搬型文書形式」の意味)の略で、すでに完成されていて修正の必要のない文書は、Word のファイル形式「.DOC」や、より新しい「.DOCX」ではなくて、「PDF」形式にした方が、環境に依存せずに、また、勝手な編集を加えられずに、原本の印刷物に近い形で画面上に再現することができ、また印刷することも可能なファイル形式です。

PDF は、それはそれで、どこでも誰でも環境に依存せずに原本の印刷物に非常に近いイメージを取得することができるので、非常に有用なファイル形式です。

では、PDF と EPUB はどう違うのでしょうか?

私たちが多く目にする文字や画像情報は、大雑把に二つに分けるとすると、新聞や雑誌、本などの印刷物に記された情報と、インターネット上で目にするウェブページに記された情報ということになります。

前者の印刷物は、そのもの全体を縮小したり拡大したりすることはできますが、文字のフォントサイズを大きくして 1 行内にある文字数を減らして見やすくすることはできません。画面上で拡大して読み易くしようとすれば、ページ全体も画面サイズ以上に大きくなってしまうため、全体を読むためには縦横に画面をスライドさせなくては読めなくなってしまいます。
【麻酔パワーアップ読本IIIの「麻酔ワゴンの製作」のページ PDF 版】画像

これに対して、ウェブページ上の情報は、画面サイズに合わせて見やすいようにフォントサイズを変えることができるようになっているサイトも多いですよね。ウェブページ上の情報は、いろいろな画面サイズで見られる可能性があるので、PDF のように固定したレイアウトでは、端末機器によっては非常に読みにくくなる可能性があります。

当ウェブリブログも、記事タイトル右端に配置されている[a→]ボタンをクリックすると文字サイズを変更できるようになっています。画面の小さな端末では文字サイズを大きくして1行内の文字数を少なくし、逆に画面の大きな端末を使用しているときには、文字サイズを小さくして 1 行内の文字数を多くして読むことができます。

PDF 形式は、印刷物としてのレイアウトを重視していて、その変更が許されません。それに対して、EPUB 形式では、全体的なレイアウトよりは、文字情報や画像情報の伝達を優先しており、ディスプレイの画面サイズに応じて文字情報や画像情報が読み易いように、フォントサイズを変更する(その結果として、1 行当たりの文字数が変化する)ことができます。「リフロー機能」(再流し込み)といって EPUB ファイルの最大の特徴と言えます。

PDF 形式は、プリンタを制御するための Postscript という言語体系をベースに開発されていますが、EPUB 形式はウェブページを記述するための HTML という言語体系をベースにしています。

デスクトップパソコンやノートパソコンといった大きな画面で読める環境ならば、PDF 形式のファイルで十分ですが、スマホやタプレットといった携帯型電子端末では画面サイズが小さいために、表示される文字サイズが小さくなってしまう場合には、EPUB 形式の方が画面の広さに合わせて読み易いサイズのフォントに変更することができて便利です。
【麻酔パワーアップ読本IIIの「麻酔ワゴンの製作」のページ EPUB 版】
画像

【同じページでフォントサイズをアップしたら・・・・】
画像

【さらにフォントサイズをアップしたら・・・・】
画像

フォントサイズが大きくになるにつれて、1 行当たりの文字数が減少するとともに、文字と画像のレイアウトがどんどん変化して行っているのが分かりますね。

小さなディスプレイで閲覧するには、後者の方が断然読みやすいですよね。携帯型電子端末で閲覧するのなら、PDF ファイルよりは、EPUB ファイルの方が自分で文字サイズを調節することができるという点で、便利な電子書籍ファイルです。またリーダーによっては背景色や、文字のフォントの種類も自分好みのものに変更することができます。

ウェブページを PDF ファイル化することも、印刷物を基にした PDF ファイルを EPUB 形式に変更することも可能ですが、基本的には、印刷物を電子書籍化するのであれば PDF で、ウェブページ上にある情報を電子書籍化するのであれば EPUB 形式にするのが、情報をよりオリジナルに近い形で再現できるファイル形式であると言えると思います。

もっと詳しく知りたい方は、以下をご参照ください。
ePub - Wikipedia

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック