非心臓手術後の術中一回換気量と急性腎障害の関連

・低一回換気量(VT)の換気を受けた急性肺障害患者は、高 VT を受けた患者と比較した場合、急性腎障害(AKI)の日数が有意に少なかった。非心臓手術を受ける患者における術中 VT と術後 AKI との関係についての研究は不足している。そこで、著者らは予測体重(PBW)に基づいた kg あたりの平均術中 VT と術後 AKI の関連性を評価しようとした。

・この後ろ向きコホート研究は、大規模三次多専門性教育医療センターで実施された。2005 年 1 月から 2016 年 7 月まで、気管挿管と人工呼吸による全身麻酔下に非心臓手術を受けた成人患者が含まれた。合計 41,224 人の患者が本研究に含まれた。PBW 当たりの平均術中 VT と AKI との間の関係はロジスティック回帰を用いて評価され、事前に特定された潜在的交絡変数について調整された。副次評価項目は、術後の主要肺合併症、非心臓手術後の心筋損傷(MINS)、院内死亡率であった。

・研究集団における AKI の発生率は 10.9% であった。患者の 0.1% で術後腎代替療法が必要とされた。PBW 当たりの平均術中 VT が高いほど、AKI のオッズの増加と有意に関連していた。潜在的交絡変数の調整後、PBW(1単位)1kg グラム当たりの VT 1mL 増加ごとの推定オッズ比は 1.05(95%信頼区間[CI]、1.02-1.08;P=0.001)であった。PBW 当たりの平均術中 VT が高いほど、術後心筋損傷のオッズの増加と有意に関連していたが、非心臓手術後の主要な術後肺合併症や院内死亡率とは有意には関連しなかった。

・非心臓手術を受ける成人患者では、PBW あたりの平均術中 VT が高いほど、AKI を発症する可能性が高くなる。

[!]:へ~っ、肺合併症だけではないのか。一回換気量が多すぎると、急性腎障害の発症率も上がるとは! 喫煙と CKD との関連性:「喫煙は慢性腎臓病(Chronic Kidney Disease: CKD )の発症と重症化の一因である。」というのも知っておこう。

【出典】
Association of Intraoperative Tidal Volumes and Acute Kidney Injury After Noncardiac Surgery.
Anesth Analg. 2019 Jun 3. doi: 10.1213/ANE.0000000000004254. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック