■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/07/26




【問題1】(医療英単語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (g_______________) (d_______) : 胃腸障害

(2) (m_____) (h_______) : 精神科病院

(3) (c____) (p_____) : 口蓋裂

(4) (c____) (c_____) : 結腸ガン

(5) (s_______) (p___) : やせる錠剤


[解答]
(1)gastrointestinal disorder(2)mental hospital
(3)cleft palate(4)colon cancer
(5)slimming pill


[出典] RNN時事英語辞典 http://rnnnews.jp/





【問題2】(一般的な麻酔前評価) 誤嚥予防や誤嚥が起きたときの危険を少なくするために用いられる薬物はどれか。
ア:クエン酸ナトリウム
ウ:メトクロプラミド
イ:シメチジン
エ:ヒドロキシジン

[解説] 誤嚥には胃内容のpHと、胃内容量が関係している。クエン酸ナトリウムとシメチジンは、胃内容のpHを上昇させる。メトクロプラミドは消化管の蠕動亢進により胃内容量を減少させ、シメチジンは胃酸の分泌量を減少させることにより胃内容量を減少させる。メトクロプラミドには胃食道括約筋の緊張を増加させる作用もある。


[正解] (ア)、(イ)、(ウ) [出典] 麻酔科クリニカル問題集


■ これって常識? ■
ジゴキシン血中濃度は,服薬開始後 5回以上投与してから測定せよ!

1)服薬後あまりに早期のジゴキシン測定は,血中濃度と心筋組織内での濃度が平衡状態に達しないので不正確である.
2)有効血中濃度は0.8〜2.0ng/mlであるが,治療域と中毒量の境界は1.7〜2.7ng/mlと重複している.
3)便宜的に服用前の採血で調べるのが臨床的に有用.少なくとも服薬後 6時間以上の間隔をおいて採血しないと,高値となる.
4)健保では月 1回の測定しか認められていないので注意.


[出典] 知っているつもりの内科レジデントの常識非常識 第3章 378の常識 循環器編




【問題3】(中枢神経) 脳動脈瘤の再出血がもっとも高頻度に起こるのはどれか?
1) 椎骨動脈瘤
3) 中大脳動脈の最初の分岐部
5) 後大脳動脈後交通動脈分枝部
2) IC−PC動脈瘤
4) 前交通動脈瘤


[解説] 脳動脈瘤に続発する重大な病態として再出血を脳血管攣縮(→虚血)がある。再出血は当日の発症が最も多く、2週間以内に高頻度に起こす。再出血した場合の死亡率は50%と非常に高率である。前交通動脈瘤破裂に最も起こりやすい。予防:血圧コントロールが最も重要である。降圧剤、鎮静・鎮痛剤、ストレス・刺激除去.


[正解] 4 [出典] クリティカル記憶術2P44

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント