帝王切開後の術後鎮痛とストレス反応に対するクモ膜下デキスメデトミジン vs 硫酸マグネシウム: 無作為化対照二重盲式試験

妊婦.png・ブロックの質と術後鎮痛を改善するために、様々な補助薬がクモ膜下麻酔薬に追加されてきた。著者らは、くも膜下デキスメデトミジンと硫酸マグネシウム(MgSO4が同様の効果を追加するかもしれないと仮定した。著者らの目的は、帝王切開後の術後鎮痛、ストレスホルモン、鎮静特性、新生児転帰に及ぼすクモ膜下ブピバカインの補助薬としての効果を比較することであった。

・無作為化二重盲式比較試験で、90 人の参加者を 3 群に分けた。全患者にクモ膜下高比重ブピバカイン 12.5mg を投与した。C 群ではクモ膜下ブロックに 0.9%NaCl を、D 群ではデキスメデトミジン 5μg を、M 群では MgSO4 50mg を加えた。視覚アナログスケール(VAS)スコア、ストレスホルモンは術後の 12 時間以内に評価され、知覚ブロック、新生児転帰も評価した。

VASスコアは D 群と M 群で有意に低かった。術後疼痛の発現は D 群で有意に延長した。ストレスホルモンは術中と術後期に全群で増加したが、それらの値は他群と比較して D 群で有意に低かった。新生児の転帰について差は認めなかった。

帝王切開中のクモ膜下デキスメデトミジンは、鎮痛の持続時間、疼痛の重症度、ストレスホルモン値に関して、クモ膜下 MgSO4 よりも優れている。デキスメデトミジンは、MgSO4 と比較して、効果発現が急速で、知覚ブロックの持続時間が長くなる。妊婦や新生児に重大な悪影響はない。
POINT帝王切開に際しての脊椎麻酔にデキスメデトミジンと硫酸マグネシウムをブピバカインの補助薬として使用したが、デキスメデトミジンの方が鎮痛持続時間が長く、鎮痛効果が高かった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント