■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/08/07

TEST8.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (b___) (p_______) : 体位

(2) (a________) : アルカローシス

(3) (t_______) (s____) : 朦朧状態

(4) (b____) (c____________) : 血中濃度

(5) (a_________) : 交代/交互


[解答]
(1)body position(2)alkalosis
(3)twilight state(4)blood concentration
(5)alternance


[出典] 麻酔科学用語集 第3版





【問題2】(溺水・中毒・体温) ベンゾジアゼピン系薬物の拮抗剤であるフルマゼニル(アネキセート)の半減期はどれくらいか?
1) 1時間
4) 6時間
2) 2時間
5) 12時間
3) 3時間


[解説] ベンゾジアゼピン系薬物の拮抗剤であるフルマゼニル(アネキセート)の適応;(1)手術・検査時のベンゾジアゼピン(BZD)の覚醒遅延・呼吸抑制 (2)BZDの高用量または長期投与での過度の鎮静 (3)BZD中毒  であり、用法;初回0.2mgを緩徐に静注、4分以内に目標の覚醒状態が得られない場合は0.1mg/分を追加、総量1mgまで、ICU領域では2mgまで投与可能。


[正解] 1 [出典] クリティカル記憶術2P138



【問題3】(呼吸回路) 次のうち正しいのはどれか。

ア:生体内で酸素は段階的に還元されてスーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素を生成する。

イ:過酸化水素以外の活性酸素の寿命は短く生成局所で毒性を発揮する。

ウ:過酸化脂質は寿命が長く、生成部位とは離れた組織でも毒性を発揮する。

エ:活性酸素の中でも特に反応性が高いのはヒドロキシラジカルである。

オ:酸素毒性は主に活性酸素による標的分子の酸化によって生じる。


[解説] 生体内で酸素は段階的に還元されてスーパーオキシド、過酸化水素、ヒドロキシラジカル、一重項酸素といういわゆる活性酸素を生成したり、他のラジカル種と反応して不安的な過酸化脂質を生成したりする。過酸化水素以外の活性酸素の寿命は非常に短いので生成した局所で毒性を発揮する。一方、過酸化脂質は寿命が長く、生成部位とは離れた組織でも毒性を発揮する点で重要である。活性酸素の中でも特に反応性が高いのはヒドロキシラジカルである。酸素毒性は主に活性酸素による標的分子の酸化によって生じる。


[正解] 全て [出典] LiSA Vol2-No5-p9(1995)




【問題4】(心臓・血管) ペースメーカーコードの第1文字は何を表すか?
1) 刺激部位
3) 応答様式
5) 抗頻拍作用
2) 検知部位
4) プログラム機能


[解説] ペースメーカーコードの第1文字=刺激部位を、第2文字=検知部位、第3文字=応答様式、第4文字=プログラム機能・レート調節機能、第5文字=抗頻拍作用を表す。安静時には心拍数を減らし、必要な時に心拍数を上げられるrate responsive(心拍応答)機能(R)を有するペースメーカであれば、VVIRとかDDDRのうように表示される。


[正解] 1 [出典] クリティカル記憶術2P278

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント