胃癌に対する腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰:全国的な後ろ向きコホート分析

胃がん.jpg・腹腔鏡下胃全摘術は徐々に人気が高まっている。ただし、これまでの研究では、被験者数が少ないこともあり、手術の安全性と利点に関して矛盾する結果が生じている。本研究の目的は、胃癌の腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰を比較することであった。

・全国の入院患者データベースを使用して、2010 年 7 月から 2017 年 3 月までの臨床病期 I-III の胃癌に対する腹腔鏡下または開腹胃全摘術を受けた患者のデータを分析した。傾向一致分析を行って、院内死亡率、罹患率、麻酔時間、最初の経口摂取までの時間、術後在院期間を 2 群間で比較した。

・58,689 人の適格な患者のうち、傾向スコアマッチングにより 12,229 組のペアが作成された。腹腔鏡下胃全摘術は、吻合部漏出(2.9% vs 1.7%、p<%0.001)、狭窄(0.9% vs 0.6%、p=0.02)の発生率が高く、膵損傷(1.4% vs 1.8%)、p=0.01)、内視鏡止血(0.9% vs 1.7%、p<0.001)、輸血(9.9% vs 17.7%、p<0.001)、30 日間の再入院の発生率が低く、手術から経口摂取まで間隔が短い(4 vs 5 日間、p<0.001)、術後入院期間の短縮(14 vs 15日、p<0.001)、長い麻酔期間(323 vs 304 分、p<0.001)と関連していた。院内死亡率に有意差はなかった(0.6% vs0.8%、p=0.58)。

・腹腔鏡下胃全摘術は、経口摂取再開までの時間と術後の在院期間の点で胃癌開腹手術よりもいくつかの利点があるが、吻合部漏出の発生率は開腹全胃切除の発生率よりも高かった。

腹腔鏡下胃全摘術には利点もあるが、吻合部リークの発生率が高いと。

【出典】
Short-Term Outcomes of Laparoscopic and Open Total Gastrectomy for Gastric Cancer: A Nationwide Retrospective Cohort Analysis.
Ann Surg Oncol. 2019 Aug 12. doi: 10.1245/s10434-019-07688-y. [Epub ahead of print]

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント