年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

脳波診断.png・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。

・本研究では、麻酔下で手術を予定されている 165 人の小児(1<年齢≦12)を登録し、11 の年齢群に分けた。165 人の参加者のうち、157 人が研究プロトコルを完了した。全患者はプロポフォールで 30 秒以上かけて麻酔された。その後 4 分間の観察した。BIS 値は、注射後 0(プロポフォール注射直後)、注射後 30、40、50、60、90、120、180、240 秒で記録された。11 の年齢群に対応する各時点での BIS値は、反復測定 ANOVA を使用して比較された。

BIS 値は、プロポフォール投与後の 9 つの時点(p<0.01)および異なる年齢群(p<0.01)間で有意に異なった。事後のボンフェローニ検定では、1〜4 群(1<年齢≦5)と 5〜11 群(5<年齢≦12)間で BIS 値に差が見られた。BIS 値は、50 秒から 240 秒で前者よりも後者で低かった。1<年齢≦5 群と 5<年齢≦12 群の最小 BIS 値は、60 秒時点で、それぞれ 49±17 と 35±14 と記録された。

プロポフォール麻酔中、BIS 値は年齢と密接に関連しており、以下の 2 群に分けることができる:1<年齢≦5 群 と 5<年齢≦12 群。年長群の BIS 値は、同じ時点で 年少群よりも低かった。

プロポフォール麻酔は、中長鎖トリグリセリド乳剤の 1% プロポフォールを 3mg/kg 使用している。同じ麻酔深度でも若年になるほど BIS 値は高くなる。小児の場合、BIS 値の目標は「70-年齢」程度とするのがよかろう。

【出典】
Variation of bispectral index in children aged 1-12 years under propofol anesthesia: an observational study.
BMC Anesthesiol. 2019 Aug 7;19(1):145. doi: 10.1186/s12871-019-0815-6.



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント