幼小児患者における Ambu AuraGain と i-gel を比較した無作為化比較試験

i-gel.jpg・声門上気道器具は、いくつかの利点があるためますます使用されている。これまでの研究では、小型の i-gel が幼小児患者に効果的な換気を提供することが示された。ただし、これらの患者での AuraGain の使用を報告した研究はほとんどない。ここで、著者らは全身麻酔下で四肢手術を受ける予定の月齢 6 ヶ月から年齢 6 歳までの体重 5〜20 kg の幼小児患者における AuraGain と i-gel の臨床性能を比較した。

・合計 68 人の患者が登録され、AuraGain 群と i-gel 群の 2 群に無作為に割り当てられた。主要評価項目は、追加の気道操作必要性であった。また、挿入パラメーター、気管支ファイバー視野、口腔咽頭リーク圧、周術期の副作用も分析した。

AuraGain 群と比較して、i-gel 群のほうが、器具の留置と換気の維持中に、より多くの気道操作を必要とした。気管支ファイバーの視野は、i-gel 群よりも AuraGain 群の方が優れていた。ただし、i-gel 群では口咽頭リーク圧が高かった。

AuraGain は、追加の気道操作必要性を考慮すると、i-gel よりも優れた選択肢である。ただし、より高い口咽頭リーク圧が必要な場合には、i-gel のほうが AuraGain よりも有益である。

小児では、AuraGain と i-gel は甲乙付け難く、一長一短ということか。

【出典】
A Randomized Controlled Trial Comparing Ambu AuraGain and i-gel in Young Pediatric Patients.
J Clin Med. 2019 Aug 16;8(8). pii: E1235. doi: 10.3390/jcm8081235.

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント