■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/08/23

TEST4.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (o_____) (p________) : 酸素中毒

(2) (p___________) (c______________) (s______) : 経皮的心肺補助

(3) (c______) : カニューレ

(4) (t__________) (d___) : 治療[薬]量

(5) (a__________) : 解熱薬/解熱の


[解答]
(1)oxygen poisoning(2)percutaneous cardiopulmonary support
(3)cannula(4)therapeutic dose
(5)antipyretic


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(麻酔薬) 局所麻酔薬について正しいのはどれか?

ア:アドレナリンを添加したリドカインの極量は15mg/kgである。

イ:リドカインはエステル型局所麻酔薬である。

ウ:肋間神経ブロックがもっとも局所麻酔薬の血中濃度が上がりやすい。

エ:仙骨ブロックは腕神経叢ブロックよりも局所麻酔薬の血中濃度が上がりやすい。

オ:局所麻酔薬の中毒症状は循環系に最初に発現することが多い。


[解説] ア:×:リドカインの極量は5mg/kgである。アドレナリンを添加したリドカインの極量は7mg/kgである。
イ:×:リドカインはアミド型局所麻酔薬である。他のアミド型局所麻酔薬には、メピバカイン、ブピバカイン、ロピバカインがある。
ウ:○:肋間神経ブロックがもっとも局所麻酔薬の血中濃度が上がりやすい。
エ:○:仙骨ブロックは腕神経叢ブロックよりも局所麻酔薬の血中濃度が上がりやすい。肋間神経>仙骨>硬膜外>腕神経叢>大腿・坐骨>皮下組織の順である。
オ:×:局所麻酔薬の中毒症状は中枢神経系に最初に発現することが多い。中枢神経系症状としては、めまい、耳鳴、口周囲のしびれ、錯乱→筋痙攣、幻聴や幻覚→強直性間代性発作、意識低下、呼吸停止と進む。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p95-100





【問題3】(溺水・中毒・体温) 一酸化炭素中毒患者のCO-Hb濃度10%の時に予想される症状としてはどれが最も適切か?
1) めまい、嘔吐
4) 無症状
2) 顔面紅潮
5) 失神
3) 頭痛


[解説] 一酸化炭素中毒患者の症状:CO-Hb濃度10%→無症状、20%→顔面紅潮、30%→頭痛、40%→めまい、嘔吐、50%→失神、50%以上→意識障害、けいれん


[正解] 4 [出典] 危機管理P102、クリティカル記憶術2P127



【問題4】(心臓・血管) 冠動脈血流量は心拍出量の何パーセント程度か?
1) 5% 2) 10% 3) 8% 4) 3% 5) 1%

[解説] 冠動脈血流量は心拍出量の5%パーセント程度、脳血流量は心拍出量の15%程度、腎血流量は心拍出量の25%程度、肝血流量は心拍出量の25〜30%程度である。心筋の酸素消費量は全身酸素消費量の10%程度である。


[正解] 1 [出典] CCUハンドブックP37

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント