メールで投稿する記事にテーマをつける方法

ウェブリブログ事務局のブログの記事: (7/14)ログインに関するお問い合わせについて(2019年07月14日) では、以下のように記載されている。 <メール投稿について> メール投稿用アドレスの再設定が必要です。 https://support.at.webry.info/201907/article_settei_003.…
コメント:0

続きを読むread more

手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧に関する研究

・研究の目的は、手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧を調査することであった。 ・2014 年 6 月から 2017 年 5 月までに著者ら施設で全身麻酔を受けた 138 人の小児が登録され、2014 年 6 月から 2014 年 9 月までの 46 人の小児が A 群(20cmH2O 圧群)として選択さ…
コメント:0

続きを読むread more

周術期輸血は、股関節骨折手術を受ける高齢患者の全生存率とは関連していない

・周術期輸血が長期的転帰と関連しているかどうかについては議論の余地がある。本研究は、股関節骨折患者の全生存に及ぼす輸血の効果を評価することを目的とした。 ・この後ろ向き調査は医療センター単施設で実施され、2013 年から 2015 年までに股関節骨折手術を受けた年齢 70 歳以上の患者を登録した。さらに、輸血を受けた患者は、患者の…
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムの効果発現時間に及ぼすプロポフォール注入速度の影響

・プロポフォールの投与、特に急速投与は、患者の心拍出量を様々な程度に低下させる。心拍出量は、神経筋接合部内の有効薬物濃度の増加に影響を及ぼし、筋弛緩薬の効果発現時間に影響を及ぼし得る。本研究は、プロポフォールの異なる注入速度が、患者の心拍出量とロクロニウムの効果発現時間に及ぼす影響を調査することを目的とした。 ・合計 90 人の患…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開中の子宮収縮剤の使用に関する国際的合意声明

・帝王切開中に新生児を娩出した後に子宮収縮薬を投与することは日常的である。しかしながら、関連研究には多くの異質性があり、それは主に低リスクの待機的症例か、または合併症のない分娩女性でで行われてきた。これは臨床診療における相当な多様性に反映されている。 ・待機的帝王切開時と分娩時帝王切開時の必要用量には大きな差がある。標準的な推奨用…
コメント:0

続きを読むread more

Q:ASA-PS 分類とは?

A:米国麻酔科学会(American Society of Anesthesiologists:ASA)による術前身体状態(Physical Status:PS)の分類のことで、術前に、患者の健康状態を評価するためのシステムである。 1963 年に、米国麻酔科学会(ASA)が、5 分類からなる身体状態分類システムを採用し、その後 …
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術において全静脈麻酔は既存の僧帽弁逆流の程度をイソフルラン麻酔よりも良好に維持した:無作為化対照試験

・僧帽弁逆流症(MR)の正確な評価は、僧帽弁修復手術中に重要である。しかしながら、麻酔は、心臓の前負荷・後負荷、あるいは心収縮性を変化させることによって僧帽弁逆流の程度に影響を及ぼし得る。そこで、既存の僧帽弁逆流症患者における全静脈麻酔(TIVA)と吸入麻酔による僧帽弁逆流症の変化を比較した。 ・これは 2018 年に三次医療セン…
コメント:0

続きを読むread more

経大腿経カテーテル大動脈弁留置術のための全身麻酔 vs 監視下鎮静管理:ベルギーの単施設での後ろ向き研究

・本研究の目的は、経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)を受ける患者における術後転帰に及ぼす全身麻酔(GA) vs 監視麻酔治療(MAC)の効果を比較することであった。 ・ベルギーの紹介施設であるルーヴェンの大学病院単施設での、準実験的デザインを用いた後ろ向きの前後研究で、2014 年 3 月 1 日から 2017 年 1…
コメント:0

続きを読むread more