重症低酸素供給の持続時間は、心臓手術後の急性腎障害に関連している

・急性腎障害は、死亡率に関連した心臓手術後の重症合併症である。酸素供給の制限は、急性腎障害の潜在的な危険因子である。本研究の目的は、腎機能に及ぼす人工心肺中の低酸素供給持続時間(<272 mL/min/m2)の影響を調査することであった。 ・冠動脈バイパス移植手術±弁修復術を受ける患者が含まれた(n=1968)。人工心肺中に酸素供…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の帝王切開時のシバリングの危険因子: 前向き観察研究

・脊椎麻酔下の帝王切開時のシバリングはよく見られる現象である。酸素消費量を増やすことで患者の生理機能を変えるだけでなく、分娩者の出産の経験にも影響を与える可能性がある。シバリングは術中低体温に関連すると考えられているが、危険因子と正確なメカニズムは不明のままである。 ・著者らは、不安度を含む術中シバリングの潜在的危険因子を調査する…
コメント:0

続きを読むread more

超音波で測定した輪状甲状膜レベルでの気道内腔までの深さ

・緊急輪状甲状膜切開術の前に気道までの予想到達距離を知ることができれば、測定できない場合には成功を改善するかもしれない。著者らの目的は、成人患者の大規模集団で超音波により輪状甲状膜での気道までの深さを測定することであった。 ・オックスフォードとグロスターの 2 施設での前向き観察研究で、さまざまな外科手術を受うける患者が研究された…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管による上気道合併症

・気道維持のゴールドスタンダードは、経喉頭気管挿管であるが、合併症がないわけではない。気管挿管の行為の結果としての上気道への外傷は、全身麻酔下で処置を受ける成人のよくある出来事である。 ・挿管中に注意が必要な部位には、喉頭構造、咽頭および口腔、ならびに鼻咽頭挿管が行われる場合の鼻腔が含まれる。患者は、評価と管理を困難にする可能性の…
コメント:0

続きを読むread more

超音波 vs ランドマークを指標としたの鎖骨下静脈カテーテル法:三次紹介病院からの前向き観察研究

・これは、鎖骨下静脈カニューレ挿入のためのリアルタイム超音波とランドマーク指標法の有効性を比較するために計画された、単施設での観察前向き研究であった。 ・それぞれ 74 人の連続患者の 2 群は、鎖骨下静脈カテーテル留置を受けた。1 群には、超音波ガイド下法を使用して研究した集中治療室の患者が含まれた。もう 1 群には、ランドマー…
コメント:0

続きを読むread more

硬膜外鎮痛と輸血の回避は、胸部食道切除術後の術後肺合併症患者の死亡率低下と関連している:335 人の患者の後ろ向き…

・術後肺合併症(PPC)は食道切除後の最も頻繁な合併症である。本研究の目的は、食道癌患者における食道切除後の PPC と PPC に関連する 90 日死亡率の修正可能な危険因子を特定することであった。 ・これは、1996 年から 2014 年までに大学病院センターで食道切除を受けた食道癌患者 335 人を対象とした単施設後ろ向きコ…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術におけるトラネキサム酸とデキサメタゾンの周術期併用投与の利害?

・本研究の目的は、人工膝関節置換術(TKA)におけるトラネキサム酸(TXA)とデキサメタゾン(Dexa)の併用投与の有益性と有害性を調査することであった。 ・変形性膝関節症のために TKA を受ける合計 88 人の連続患者を 2 群に層別化した。全手術は全身麻酔下で行われた。簡単に説明すると、TXA+Dexa 群(n=45)の患者…
コメント:0

続きを読むread more

麻薬中毒患者と非中毒患者との間での脊椎麻酔の質の比較

・本研究の目的は、麻薬依存患者と麻薬未使用患者の脊椎麻酔の質を比較することである。 ・症例対照研究で、麻薬依存患者と麻薬未使用患者(群あたり 30 人)を含む 2 群の被験者を登録した。ブピバカイン 15 mg を使用して脊椎麻酔を実施した。麻酔レベルは、1 分ごとに 10 分間評価し、その後 10 分ごとに 180 分間評価した…
コメント:0

続きを読むread more

経鼻気管挿管での鼻腔から中咽頭への気管チューブの前進に及ぼす頸部伸展の影響:無作為化比較試験

・臨床医は、経鼻気管挿管中に鼻孔を介して鼻腔から中咽頭に挿入される気管チューブを進める際に抵抗を受けることがある。本研究の目的は、経鼻気管挿管中の鼻腔から中咽頭への気管チューブの前進に及ぼす頸部伸展の影響を調査することであった。 ・本無作為化比較試験では、患者を「頸部伸展群(E 群)」または「中立位群(N 群)」に無作為化した。麻…
コメント:0

続きを読むread more

インドの成人における腹腔鏡手術後の全身麻酔からの回復を評価するための修正 Aldrete スコアとファストトラック…

<ハイライト> ・回復スコアの適切な使用は、低中所得国の場合、医療資源の最適な利用と、OR から PACU/病棟への患者のタイムリーな転送に役立つ。 ・2 つの回復基準、修正 Aldreteスコア(MAS) とファストトラック基準(FTC)を使用して、腹腔鏡手術を受ける 100 人のインド人成人の回復を評価した。 ・術直後期では、…
コメント:0

続きを読むread more

Ambu AuraGain 声門上気道を用いた口腔咽頭シーリング圧に及ぼす頸椎固定の効果:無作為化クロスオーバー試験

・Ambu AuraGain ラリンジアルエアウェイ(AuraGain)は、2014 年に導入された新しい声門上気道器具の 1 つである。硬性頸椎カラーによる頸椎安定化により、声門上気道と気管挿管の挿入が困難になる。本研究は、AuraGain で確保された気道で、頸椎カラーの存在が口腔咽頭シーリング圧(OSP)と声門のファイバー視野(B…
コメント:0

続きを読むread more

小児で 3 種類の声門上気道器具に挿入された気管チューブカフと声門との間の距離:無作為化対照試験

・さまざまなタイプの声門上気道器具を介した気管チューブ挿入後、チューブカフから声帯までの距離は、小児では評価されていない。本研究の目的は、3 種類の声門上気道器具(I-gel、AuraGain、air-Q)の 1 つを挿管用導管として使用した場合の、小児の声門と気管チューブカフとの位置関係を評価することであった。 ・三次小児病院で…
コメント:0

続きを読むread more

幼小児患者における Ambu AuraGain と i-gel を比較した無作為化比較試験

・声門上気道器具は、いくつかの利点があるためますます使用されている。これまでの研究では、小型の i-gel が幼小児患者に効果的な換気を提供することが示された。ただし、これらの患者での AuraGain の使用を報告した研究はほとんどない。ここで、著者らは全身麻酔下で四肢手術を受ける予定の月齢 6 ヶ月から年齢 6 歳までの体重 5〜2…
コメント:0

続きを読むread more

病的肥満患者で声門上気道器具の挿入のための適切な麻酔深度を評価する指標としての下顎拳上の実行可能性研究

・下顎拳上は、静脈内または吸入麻酔導入を受ける正常な成人と小児に声門上気道器具(SAD)を挿入するための適切な麻酔深度であると判断する有用な試験であると証明されている。本前向き観察研究は、セボフルラン吸入導入を受ける自発呼吸の病的肥満患者に SAD を挿入する際の適切な麻酔深度を評価する指標として使用する場合、この試験の実行可能性と妥当…
コメント:0

続きを読むread more

腹腔鏡下胆嚢摘出術における低圧気腹:無作為化対照試験

・研究の目的は、低圧気腹腹腔鏡下胆嚢摘出術(LPPLC、7 mmHg)における肝酵素と外科医の快適度の変化を、正常圧気腹腹腔鏡下胆嚢摘出術(NPPLC、14 mm Hg)と比較することであった。 ・82 人の患者を無作為に 2 群(LPPLC 群と NPPLC 群)に分けた。ビリルビン、血清 GOT、血清 GPT、ALP、LDH …
コメント:0

続きを読むread more

人工呼吸器を装着した小児の無気肺の発症に及ぼすいろいろな吸入酸素濃度の影響:無作為化比較試験

・吸入酸素濃度(FI O2)が高いと、直接的な肺毒性と肺合併症を引き起こす可能性がある。本研究の目的は、肺超音波を使用して人工呼吸器を装着した小児で、術中無気肺の発生に及ぼす異なる FI O2 の効果を評価することであった。 ・本無作為化対照、患者と超音波検査者盲式試験で、86 人の小児(年齢 6 歳以下)が非心臓手術を受け、低(…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の「前酸素化」についての MCQ 問題

【問題】 麻酔導入時の「前酸素化」についての記述で、間違っているのはどれか? a.麻酔マスクをヘッドバンドで隙間なく顔面に押し当てるようなことはしてはいけない。 b.パルスオキシメーターの酸素飽和度が 100% であれば十分な前酸素化が行われたことを意味する。 c.十分な前酸素化を行うことで、リスクのない患者であれば、…
コメント:0

続きを読むread more

血管内手術における局所脳酸素飽和度と術後せん妄:前向きコホート研究

・せん妄は急性精神障害であり、よく見られる術後合併症である。血管内治療手術で局所脳酸素飽和度(rSO2)をモニターすることで、脳酸素飽和度低下をリアルタイムで監視し、重症の脳機能障害を回避し、せん妄の発生率を減らしうる。著者らは、血管内手術を受ける患者のせん妄の発生率を調査しようとした。 ・これは臨床コホート試験であった。著者らは…
コメント:0

続きを読むread more

術前の鎮静催眠薬の使用と術後の有害転帰

● 術前の鎮静催眠薬の使用はよく見られるが、術後転帰への影響は不明である。特にオピオイドと併用した場合、鎮静催眠薬の術前使用は、一般的な外科手術後の有害転帰のリスクを高める。 ・研究の目的は、術前のベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピン受容体作動薬(「Z 薬」)の使用と術後有害転帰との関連を明らかにすることであった。ベンゾジアゼピン…
コメント:0

続きを読むread more

「ラリンジアルマスク」についての MCQ 問題

【問題】 ラリンジアルマスクについての記述で、間違っているのはどれか? a.ラリンジアルマスクの最適カフ圧は 60cmH2O である。 b.ラリンジアルマスクに塗布する潤滑剤としてはリドカインゼリーが推奨されている。 c.ラリンジアルマスクのカフ圧は高いほど、口腔咽頭リーク圧が高くなる。 d.亜酸化窒素を使用した…
コメント:0

続きを読むread more

術後せん妄は、長期的な日常生活動作の低下と関連している

<このトピックについてすでに知っていること>:術後せん妄はよく見られるが、その長期的転帰についてはは不明のままである <この記事が教えてくれる新しいこと>:登録された患者の約 4 分の 1、平均年齢 80 歳は、主要な待機的かつ緊急の主要な整形外科手術後にせん妄を発症した。2〜3 年後の日常生活動作と 3 年後の死亡率は、ともに、…
コメント:0

続きを読むread more

一般病棟での気管挿管の初回試行に際してのビデオ喉頭鏡検査 vs 直接喉頭鏡検査

・最近の試験では、ビデオ喉頭鏡(VL)は直接喉頭鏡(DL)よりも初回の気管挿管成功率が高くなく、合併症の発生率が高いことが示された。気管挿管は、集中治療室よりも一般病棟の方が難しい場合がある。本研究の目的は、どの喉頭鏡検査モードが一般病棟での初回挿管成功率の増加に関連するかを調査することである。 ・これは、三次大学関連病院で実施さ…
コメント:0

続きを読むread more

「スタイレット」についての MCQ 問題

【問題】 挿管時に使用する金属スタイレットについての記述で、間違っているのはどれか? a.気管挿管時に使用する金属スタイレットは、金属疲労のため使用限度が 30 回程度と耐用期間が設定されている。 b.気管挿管時のスタイレットの使用は、術後咽頭痛の発生率を増加させる。 c.スタイレット抜去時に強い力で引き抜くと術後咽頭…
コメント:0

続きを読むread more

HEAVEN 基準は、直接喉頭鏡検査とビデオ喉頭鏡検査の両方で、喉頭鏡視野と挿管成功を予測する:コホート分析

・既存の困難気道予測ツールは、緊急挿管には実用的ではなく、生理学的データを取り入れていない。HEAVEN 基準(低酸素血症、極端なサイズ、解剖学的問題、嘔吐/血液/液体、出血、頚部可動性)は、緊急の迅速挿管(RSI)に際してより意義がある可能性がある。 ・後ろ向き分析には、航空医療 RSI 患者を含めた。RSI 前に HEAVEN…
コメント:0

続きを読むread more

乳児の麻酔導入中の低酸素血症、徐脈、喉頭鏡検査複数回試行:単施設、後ろ向き研究

<このトピックについては既に知っていること>:乳児の気管挿管の成功は、年長の小児や成人と比べて解剖学的構造や生理学が異なるため、習得が難しい技術である可能性がある <この記事が教えてくれる新しいこと>:小児科四次大学関連施設で、待機的気管挿管を受ける健康な乳児の 16% で複数回の喉頭鏡検査が行われた。また、麻酔導入時に酸素飽和度…
コメント:0

続きを読むread more

術後咽頭痛における局所マグネシウムの役割:無作為化対照試験の系統的レビューとメタ分析

・術後咽頭痛(POST)は、気管挿管のよく見られる望ましくない結果である。N-メチル-D-アスパラギン酸受容体拮抗薬であるマグネシウムは、抗侵害受容特性と抗炎症特性を持ち、さまざまな試験で POST 予防に役立つことがわかっている。この系統的レビューとメタ分析を実施して、単腔気管チューブによる全身麻酔下で手術を受ける成人患者の POST…
コメント:0

続きを読むread more

盲目的挿管用の導管としての新しい第 2 世代声門上気道器具(Ambu AuraGain)vs 挿管用ラリンジアルマ…

・Ambu AuraGain は、挿管を容易にするようにデザインされた、胃チャネルを備えた新しい使い捨て声門上気道器具である。本研究の目的は、Ambu AuraGain を使用して適切な留置と挿管の成功率を、挿管用ラリンジアルマスク(ILMA)と比較することである。 ・本前向き無作為化比較研究に 120 人の患者(年齢 18〜 6…
コメント:0

続きを読むread more

年齢 1〜12 歳のプロポフォール麻酔下小児におけるバイスペクトル指数の変動:観察研究

・バイスペクトル指数(BIS)の使用は小児麻酔で広まっているが、プロポフォール麻酔下の小児の年齢に応じて BIS がどのように変化するかを詳細に評価しようとした研究はほとんどない。本前向き研究は、BIS 値とプロポフォール麻酔下の 1〜12 歳の小児の年齢との正確な関係を調査することを目的としている。 ・本研究では、麻酔下で手術を…
コメント:0

続きを読むread more

「McGRATH MAC」についての MCQ 問題

【問題】 McGRATH MAC についての記述で、間違っているのはどれか? a.McGRATH MAC の名称の「MAC」は、マッキントッシュ型のブレードであることを指している。 b.McGRATH MAC は、通常、マッキントッシュ直接喉頭鏡と同じように右口角からブレードを挿入する。 c.McGRATH MAC…
コメント:0

続きを読むread more

鎮痛効果-腰椎椎間板切除後の間歇的および患者管理鎮痛ポンプによるパラセタモールの比較:前向き臨床研究

・腰椎椎間板切除術は、椎間板ヘルニアの最も一般的な外科治療である。術後痛は、入院期間、機能状態、患者の生活の質に大きく影響するよくある臨床上の問題である。本研究の目的は、単椎間腰椎椎間板切除術後の間歇的および患者管理鎮痛(PCA)ポンプによるパラセタモールの術後鎮痛効果を比較することであった。 ・腰仙椎の磁気共鳴像により診断された…
コメント:0

続きを読むread more

胃癌に対する腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰:全国的な後ろ向きコホート分析

・腹腔鏡下胃全摘術は徐々に人気が高まっている。ただし、これまでの研究では、被験者数が少ないこともあり、手術の安全性と利点に関して矛盾する結果が生じている。本研究の目的は、胃癌の腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰を比較することであった。 ・全国の入院患者データベースを使用して、2010 年 7 月から 2017 年 3 月までの臨…
コメント:0

続きを読むread more

ロピバカイン vs レボブピバカイン:出産時の脊髄硬膜外麻酔の鎮痛効果、新生児のアプガースコアならびに母体バイタル…

・本研究の目的は、分娩時の脊髄硬膜外併用麻酔におけるロピバカインまたはレボブピバカインの鎮痛効果と安全性、新生児アプガースコア、ならびに母体と新生児のバイタルサインに及ぼす影響を調査、比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 3 月までに分娩を受けた合計 615 人の妊婦は、出産時の脊髄硬膜外麻酔に使用され…
コメント:0

続きを読むread more

低侵襲甲状腺副甲状腺手術のための Protector ラリンジアルマスクと気管チューブの比較

・咽頭喉頭症状は、頚部手術後の主な関心事である。Protector LMAは、新しい声門上気道器具である。本研究の主な目的は、LMA Protector の適用により、低侵襲甲状腺全摘術と副甲状腺摘出術後の気管チューブの使用よりも咽頭症状が少ないかどうかを評価することであった。 ・本前向き無作為化比較試験では、2017 年 1 月…
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック:外側矢状アプローチと肋鎖アプローチの前向き無作為化比較

・最近、肋鎖(CC)空間における鎖骨下腕神経叢ブロック(BPB)が概則矢状(LS)アプローチの制限のいくつかを克服することが提案された。本研究では、CC アプローチが LS アプローチよりも腕神経叢の 4 つの主要な末端神経の知覚遮断の発現が速いと仮定した。 ・BPB 下に待機的上肢手術を受ける 40 人の患者は、鎖骨下 BPB …
コメント:0

続きを読むread more

小児の覚醒せん妄は、術中のバーストサプレッションとは関係ない-前向き観察電位記録研究

・病態生理学的背景は不明のままであるが、覚醒せん妄は全身麻酔から回復中の小児の最も頻繁にみられる脳機能障害である。今回の研究では、覚醒せん妄と、全身麻酔中の非常に深い催眠の期間の脳波である術中バーストサプレッション活動との関連を分析した。 ・ドイツのベルリン、シャリテ大学病院での本前向き観察コホート研究は、予定手術を受ける年齢 0…
コメント:0

続きを読むread more

鎖骨上と肋鎖腕神経叢ブロック後の同側片側横隔膜麻痺:無作為化観察者盲式試験

・肋鎖腕神経叢ブロック(BPB)は、外側矢状アプローチよりも知覚運動遮断の発現が速い。ただし、肋鎖 BPB 後の横隔神経麻痺(PNP)の発生率は不明である。本研究では、鎖骨上と肋鎖 BPB 間で、同側片側横隔膜不全麻痺の発生率、したがってPNP を比較した。 ・右側上肢手術を受ける 40 人の患者を対象とした、手術室での無作為化観…
コメント:0

続きを読むread more

鎮痛侵害受容指数:術後の急性疼痛の評価

・術後疼痛評価に使用される数値評価尺度、視覚アナログ尺度などの患者の自己評価に基づく尺度は、コミュニケーションの問題を抱える老人や重症患者では問題となる可能性がある。そのため、痛みを客観的に評価できる方法が長年にわたって研究されてきた。そこで、副交感神経活動を反映する心電図データに基づいた鎮痛侵害受容指数が提案されている。本研究では、術…
コメント:0

続きを読むread more

不適切に大きなサイズのチューブを選択することを回避するための小児カフなし気管チューブサイズの年齢ベースの予測:後ろ…

・本研究は、回帰方程式 ODCal=0.00223×年齢(日)+4.88 に従った各患者の計算外径(ODCal、mm)に基づいて、年齢 2 歳未満の小児のカフなし気管チューブ(TT)サイズについて、以前に報告された著者らの予測手法を検証すること、特に大きなサイズのチューブは気管を損傷しうるため、再挿管の頻度を減らせる初期 TTサイズを選…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔中の鎮痛と催眠を評価する 3 種類の脳波指数に及ぼす人工心肺下低体温の影響:意識指数、侵害受容指数、バイスペク…

・麻酔深度は、臨床診療では患者の臨床徴候によって一般に評価される。ただし、人工心肺と低体温中には、頻脈、高血圧、発汗、運動といった一般的な侵害受容徴候は、特に侵害刺激を検出する上で、患者の侵害受容と催眠を説明するには感度と特異度が低くなる。人工心肺下低体温中の鎮痛深度のより良いモニタリングは、鎮痛剤、特にオピオイドの過少投与や過量投与を…
コメント:0

続きを読むread more

標準化チェックリストを使用すると、手術室からの避難での重要な行動の完了率が向上する

・特別なニーズを持つ患者の病院からの避難は非常に困難であり、このまれな事態のために病院職員を訓練することは困難である。研究者らは、手術室(OR)からの全身麻酔下での患者の避難についての標準化チェックリストの効果を調査する現場シミュレーション研究を開発し、チェックリストが重要な行動の完了率を改善し、避難時間を短縮すると仮定した。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

リビジョン THAを受ける患者の脊椎麻酔は全身麻酔よりも安全か? ACS-NSQIP データベースの分析

・リビジョン THA の頻度は増加し続けており、術後合併症の原因となる危険因子を特定する必要がある。麻酔の種類は、初回 THA を受ける患者の合併症率と関連していることが示されているが、リビジョン THA を受ける患者で同じことが当てはまるかどうかは明らかではない。 研究の目的は、(1)交絡変数を調節した後、大規模データベース分析…
コメント:0

続きを読むread more

直接経口抗凝固薬を受けている心房細動患者の周術期管理

・意義:直接経口抗凝固薬(DOAC)を使用し、待機的手術や処置を必要とする心房細動(AF)の患者は、よく見られる臨床状況であるが、周術期投与は不明である。 ・研究の目的は、標準化周術期 DOAC 管理戦略の安全性を調査することであった。 ・2014 年 8 月 1 日から 2018 年 7 月 31 日まで、カナダ、米国、ヨ…
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開前の満期妊婦の炭水化物飲料の胃内容排出:観察研究

<ハイライト> ・炭水化物(CHO)飲料 400 mLの胃内容排出について調査した。 ・待機的帝王切開前の 40 人の患者。 ・全員が摂取後 100 分までに定性的胃グレード 0 または 1 に達した。 ・400ml の CHO 飲料は、定時手術の 2 時間前までに摂取可能である。 <要旨> ・術前炭水化物(CHO)飲料は、…
コメント:0

続きを読むread more

大腿骨骨折手術に際しての脊椎麻酔後の超高齢患者における術後早期の酸素飽和度低下の予測:後ろ向き分析

・高齢者の術後の酸素飽和度低下は、文献ではめったに取り上げられていない。本後ろ向き研究の目的は、術前の肺機能検査と動脈血ガス分析により、超高齢患者の脊椎麻酔後の術後酸素飽和度低下を予測できるかどうかを調査することであった。 ・大腿骨頸部骨折に対して脊椎麻酔を受けた 399 人の患者(年齢 80 歳以上)の診療記録を後ろ向きにレビュ…
コメント:0

続きを読むread more

韓国における人工股関節全置換術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の影響:国民健康保険請求データを使用した地域住民ベース…

・神経学的合併症に及ぼす麻酔法の効果に関するさまざまな報告がある。韓国で人工股関節全置換術を受けた患者の術後せん妄の発生率に及ぼす麻酔法の効果を推定するために、地域住民ベースの研究が実施された。 ・韓国国民健康保険請求データベースを使用して、2008 年 1 月から 2017 年 12 月までに手術コード「N0711」の請求記録を…
コメント:0

続きを読むread more

膝関節鏡検査後の術後回復の質に及ぼすデスフルランとセボフルランの無作為化試験

・これまでの研究では、典型的にはセボフルランとデスフルランでは術後早期の回復経過が異なることが明らかになっている。 ・著者らは、膝関節鏡検査 3 日後の全体的な回復が、デスフルランの方が優れているかどうかを調査するために、無作為化優越性試験を実施した。全身麻酔を伴う膝関節鏡手術を受ける成人参加者は、デスフルランか、またはセボフルラ…
コメント:0

続きを読むread more

肺癌切除術を受けた患者における肺機能、MMP‐9、術後認知能に及ぼすセボフルランとプロポフォール麻酔の効果の比較

・肺機能、マトリックスメタロプロテイナーゼ-9(MMP-9)、術後認知能に及ぼすセボフルランとプロポフォール麻酔の効果を、左肺下葉の単純切除術を受けた患者で比較した。 ・後ろ向き的方法を用いて 2016 年 10 月から 2017 年 10 月までに大連医科大学第二病院で左肺下葉の単純切除により治療した 58 例の肺癌患者を分析し…
コメント:0

続きを読むread more

人工心肺心臓手術を受けた患者に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果の比較

・研究の目的は、人工心肺(CPB)による心臓手術を受ける患者の転帰に及ぼすプロポフォールとセボフルランの効果を比較することであった。 ・2015 年 1 月から 2017 年 6 月までに当院で CPB による心臓手術を受ける合計 110 人の患者を無作為に 2 群(n=55)に分けた:A 群では麻酔をセボフルランで維持、B 群で…
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術後の非糖尿病患者における術後高血糖の危険因子と影響:前向き研究

・心臓手術は、有意な炎症性代謝亢進ストレス応答を誘発し、術前糖尿病患者と非糖尿病患者の双方において術後高血糖症を引き起こす。そのような術後高血糖は、手術と術後回復における有害転帰と関連している。糖尿病は術後高血糖症の危険因子として知られているが、東南アジア地域集団の非糖尿病患者における術後高血糖症の予測因子は不明のままである。 ・…
コメント:0

続きを読むread more

東南アジアの多民族コホートで心臓手術後の不良転帰に及ぼす民族性と糖尿病の新しい役割の解明

・糖尿病は民族性と心臓手術の不良転帰と関連しているが、東南アジアの多民族コホートで、心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病と民族性の両方の影響を研究したは調査行われていない。そこで、本研究は東南アジアの多民族集団で、糖尿病患者の心臓手術後の転帰に及ぼす民族性の関連性を明らかにすることを目的とした。 ・2008 年から 2011 年にかけてシ…
コメント:0

続きを読むread more

東南アジアの多民族患者集団における心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病の影響

・糖尿病はアジアで急速に増加しており、心臓手術の不良転帰と関連することが示されているが、東南アジアのコホートにおける心臓手術の転帰に及ぼす糖尿病の影響を研究した調査は行われていない。そこで、本研究は東南アジアの多民族からなるコホートで、心臓手術後の糖尿病の予測因子と影響を明らかにすることを目的としている。 ・シンガポールで 200…
コメント:0

続きを読むread more

レミフェンタニルは緊急外傷手術における外傷性ストレス反応を抑制する

・本研究の目的は、レミフェンタニルが緊急外傷手術におけるストレス反応をスフェンタニルよりも効果的に抑制できるかどうかを調査することであった。 ・緊急手術となった 60 人の外傷患者を無作為にレミフェンタニル群(R 群、n=30)か、またはスフェンタニル群(S 群、n=30)に分けた。R 群の患者にはレミフェンタニルを持続的に静脈内…
コメント:0

続きを読むread more

急性腎障害における死亡率と腎代替療法の必要性に及ぼすフロセミドの影響:無作為化試験の系統的レビューとメタ分析

・研究の目的は、現在のエビデンスに基づいて急性腎障害(AKI)の成人患者における死亡率と腎代替療法(RRT)の必要性に及ぼすフロセミドの影響を検討することであった。 ・PubMed(Medline)と Embase で 1998 年から 2018 年 10 月まで、AKI の任意のステージでフロセミドによる予防/治療を代替治療/標…
コメント:0

続きを読むread more

機能的内視鏡下副鼻腔手術中のクロニジンまたはデキスメデトミジンによる低血圧麻酔の術野の質を改善する有効性を比較する…

・術野の激しい出血は、機能的内視鏡下副鼻腔手術(FESS)の成功に影響を与える潜在的な要因である。静脈内 α2 作動薬による低血圧麻酔は術中出血を減少させるが、いずれの薬剤が最善かは不明である。この試験の主な目的は、低血圧麻酔の現在の標準的な補助薬であるクロニジンを、最近入手可能な代替薬デキスメデトミジンと比較することであった。 …
コメント:0

続きを読むread more

大腸内視鏡検査に対する各種鎮静薬の評価

・鎮静と鎮痛は、患者を鎮静させ、患者と内視鏡医が快適に感じるのを助けるために、内視鏡検査の重要な要素である。さまざまな鎮静剤が使用されている。これらは慎重に投与されるべきであり、そして患者は処置中継続的に監視されるべきである。本研究の目的は、大腸内視鏡検査で使用されるさまざまな鎮静薬を評価および比較することであった。 ・大腸内視鏡…
コメント:0

続きを読むread more

下肢手術における片側性脊椎麻酔のためのブピバカイン補助薬としてのフェンタニルとデキスメデトミジンの比較:無作為化試験

・片側性脊椎麻酔の短所の 1 つは、術後鎮痛持続時間が短いことである。これは、局所麻酔薬に補助剤を加えることで解決できる。本研究の目的は、下腿手術を受ける患者で片側性脊椎麻酔特性に及ぼすブピバカインへのデキスメデトミジン、フェンタニル、または生食の添加の効果を比較することであった。 ・この二重盲式臨床試験では、定時の下腿手術を受け…
コメント:0

続きを読むread more

ASA の身体状態と 48 時間後の術後死亡率との関連:過去のコホートと比較した現代のデータセット分析

・本研究では、ASA-身体状態(ASA PS)分類と待機的手術および緊急手術の両方について 48 時間死亡率との関連性を大規模現代データセット(2009〜2014 年の患者)で調べ、この関連性を、1970 年に Vacanti らによって発表された画期的な研究からのデータを使って比較した。 ・2009 年 1 月 1 日から …
コメント:0

続きを読むread more

ウェブリブログの旧デザインを継承した CSS を変更する(パート4)

画像を配置した時に本文との間に余白を取るには・・・ウェブリブログサポートの「画像の回り込みについて」に、画像が貼り付けられた場合の、具体的な表示例が記されていますが、画像と文章の間にまったく余白がありません(右図)。 これでは見難くて仕方がありません。画像を配置する際には、文章との間の余白を設定できることが望ましいと思われますが、…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔導入時の前酸素化後の低酸素血症の発生率と危険因子

・気道管理に関連した低酸素血症の発生は依然として懸念事項である。著者らの目的は、標準化前酸素化処置後の麻酔導入中に低酸素血症の原因となる要因を調査することであった。 ・研究は多施設共同の前向き観察試験であった。成人患者における麻酔導入時の低酸素血症の発生率を評価した。主要評価項目は、パルスオキシメトリで酸素飽和度(SpO2)<95…
コメント:0

続きを読むread more

正常気道患者におけるマスク換気チェック前後のロクロニウムの早期投与と後期投与を比較する無作為化試験

・全身麻酔導入中は、マスク換気を提供する能力が確認されるまで筋弛緩を遅らせることが一般的な方法である。ただし、このアプローチの利点は科学的に検証されていない。そこで、著者らは正常気道を有する患者で、マスク換気の効率と気管挿管までの時間を調査するためにマスク換気をチェックする前後でロクロニウムの早期と後期投与を比較した。 ・患者(n…
コメント:0

続きを読むread more

筋弛緩前のマスク換気の確認:麻酔科医の態度と思考に関する全国規模の調査

・筋弛緩薬を投与する前にマスク換気をチェックすることの意義は未だ議論されている。 ・スウェーデンで麻酔科医の診療の調査を行い、最初に挿管を伴う日常的的な導入の一部としてマスク換気試験(MVT)を使用するかどうかを尋ねた(迅速導入または困難気道が予想される場合ではない)。著者らは麻酔科医の態度を一般的な場合と、特別なシナリオで精査し…
コメント:0

続きを読むread more

メールで投稿する記事にテーマをつける方法

ウェブリブログ事務局のブログの記事: (7/14)ログインに関するお問い合わせについて(2019年07月14日) では、以下のように記載されている。 <メール投稿について> メール投稿用アドレスの再設定が必要です。 https://support.at.webry.info/201907/article_settei_003.…
コメント:0

続きを読むread more

手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧に関する研究

・研究の目的は、手術を受ける小児患者の気道管理のためのラリンジアルマスクのカフ圧を調査することであった。 ・2014 年 6 月から 2017 年 5 月までに著者ら施設で全身麻酔を受けた 138 人の小児が登録され、2014 年 6 月から 2014 年 9 月までの 46 人の小児が A 群(20cmH2O 圧群)として選択さ…
コメント:0

続きを読むread more

周術期輸血は、股関節骨折手術を受ける高齢患者の全生存率とは関連していない

・周術期輸血が長期的転帰と関連しているかどうかについては議論の余地がある。本研究は、股関節骨折患者の全生存に及ぼす輸血の効果を評価することを目的とした。 ・この後ろ向き調査は医療センター単施設で実施され、2013 年から 2015 年までに股関節骨折手術を受けた年齢 70 歳以上の患者を登録した。さらに、輸血を受けた患者は、患者の…
コメント:0

続きを読むread more

ロクロニウムの効果発現時間に及ぼすプロポフォール注入速度の影響

・プロポフォールの投与、特に急速投与は、患者の心拍出量を様々な程度に低下させる。心拍出量は、神経筋接合部内の有効薬物濃度の増加に影響を及ぼし、筋弛緩薬の効果発現時間に影響を及ぼし得る。本研究は、プロポフォールの異なる注入速度が、患者の心拍出量とロクロニウムの効果発現時間に及ぼす影響を調査することを目的とした。 ・合計 90 人の患…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開中の子宮収縮剤の使用に関する国際的合意声明

・帝王切開中に新生児を娩出した後に子宮収縮薬を投与することは日常的である。しかしながら、関連研究には多くの異質性があり、それは主に低リスクの待機的症例か、または合併症のない分娩女性でで行われてきた。これは臨床診療における相当な多様性に反映されている。 ・待機的帝王切開時と分娩時帝王切開時の必要用量には大きな差がある。標準的な推奨用…
コメント:0

続きを読むread more

Q:ASA-PS 分類とは?

A:米国麻酔科学会(American Society of Anesthesiologists:ASA)による術前身体状態(Physical Status:PS)の分類のことで、術前に、患者の健康状態を評価するためのシステムである。 1963 年に、米国麻酔科学会(ASA)が、5 分類からなる身体状態分類システムを採用し、その後 …
コメント:0

続きを読むread more

心臓手術において全静脈麻酔は既存の僧帽弁逆流の程度をイソフルラン麻酔よりも良好に維持した:無作為化対照試験

・僧帽弁逆流症(MR)の正確な評価は、僧帽弁修復手術中に重要である。しかしながら、麻酔は、心臓の前負荷・後負荷、あるいは心収縮性を変化させることによって僧帽弁逆流の程度に影響を及ぼし得る。そこで、既存の僧帽弁逆流症患者における全静脈麻酔(TIVA)と吸入麻酔による僧帽弁逆流症の変化を比較した。 ・これは 2018 年に三次医療セン…
コメント:0

続きを読むread more

経大腿経カテーテル大動脈弁留置術のための全身麻酔 vs 監視下鎮静管理:ベルギーの単施設での後ろ向き研究

・本研究の目的は、経カテーテル的大動脈弁植え込み術(TAVI)を受ける患者における術後転帰に及ぼす全身麻酔(GA) vs 監視麻酔治療(MAC)の効果を比較することであった。 ・ベルギーの紹介施設であるルーヴェンの大学病院単施設での、準実験的デザインを用いた後ろ向きの前後研究で、2014 年 3 月 1 日から 2017 年 1…
コメント:0

続きを読むread more