ロクロニウムの効果発現時間に及ぼすプロポフォール注入速度の影響

・プロポフォールの投与、特に急速投与は、患者の心拍出量を様々な程度に低下させる。心拍出量は、神経筋接合部内の有効薬物濃度の増加に影響を及ぼし、筋弛緩薬の効果発現時間に影響を及ぼし得る。本研究は、プロポフォールの異なる注入速度が、患者の心拍出量とロクロニウムの効果発現時間に及ぼす影響を調査することを目的とした。 ・合計 90 人の患…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開中の子宮収縮剤の使用に関する国際的合意声明

・帝王切開中に新生児を娩出した後に子宮収縮薬を投与することは日常的である。しかしながら、関連研究には多くの異質性があり、それは主に低リスクの待機的症例か、または合併症のない分娩女性でで行われてきた。これは臨床診療における相当な多様性に反映されている。 ・待機的帝王切開時と分娩時帝王切開時の必要用量には大きな差がある。標準的な推奨用…
コメント:0

続きを読むread more