低侵襲甲状腺副甲状腺手術のための Protector ラリンジアルマスクと気管チューブの比較

・咽頭喉頭症状は、頚部手術後の主な関心事である。Protector LMAは、新しい声門上気道器具である。本研究の主な目的は、LMA Protector の適用により、低侵襲甲状腺全摘術と副甲状腺摘出術後の気管チューブの使用よりも咽頭症状が少ないかどうかを評価することであった。 ・本前向き無作為化比較試験では、2017 年 1 月…
コメント:0

続きを読むread more

超音波ガイド下鎖骨下腕神経叢ブロック:外側矢状アプローチと肋鎖アプローチの前向き無作為化比較

・最近、肋鎖(CC)空間における鎖骨下腕神経叢ブロック(BPB)が概則矢状(LS)アプローチの制限のいくつかを克服することが提案された。本研究では、CC アプローチが LS アプローチよりも腕神経叢の 4 つの主要な末端神経の知覚遮断の発現が速いと仮定した。 ・BPB 下に待機的上肢手術を受ける 40 人の患者は、鎖骨下 BPB …
コメント:0

続きを読むread more