胃癌に対する腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰:全国的な後ろ向きコホート分析

・腹腔鏡下胃全摘術は徐々に人気が高まっている。ただし、これまでの研究では、被験者数が少ないこともあり、手術の安全性と利点に関して矛盾する結果が生じている。本研究の目的は、胃癌の腹腔鏡下および開腹胃全摘術の短期転帰を比較することであった。 ・全国の入院患者データベースを使用して、2010 年 7 月から 2017 年 3 月までの臨…
コメント:0

続きを読むread more

ロピバカイン vs レボブピバカイン:出産時の脊髄硬膜外麻酔の鎮痛効果、新生児のアプガースコアならびに母体バイタル…

・本研究の目的は、分娩時の脊髄硬膜外併用麻酔におけるロピバカインまたはレボブピバカインの鎮痛効果と安全性、新生児アプガースコア、ならびに母体と新生児のバイタルサインに及ぼす影響を調査、比較することであった。 ・2016 年 4 月から 2017 年 3 月までに分娩を受けた合計 615 人の妊婦は、出産時の脊髄硬膜外麻酔に使用され…
コメント:0

続きを読むread more