「スタイレット」についての MCQ 問題

【問題】 挿管時に使用する金属スタイレットについての記述で、間違っているのはどれか? a.気管挿管時に使用する金属スタイレットは、金属疲労のため使用限度が 30 回程度と耐用期間が設定されている。 b.気管挿管時のスタイレットの使用は、術後咽頭痛の発生率を増加させる。 c.スタイレット抜去時に強い力で引き抜くと術後咽頭…
コメント:0

続きを読むread more

HEAVEN 基準は、直接喉頭鏡検査とビデオ喉頭鏡検査の両方で、喉頭鏡視野と挿管成功を予測する:コホート分析

・既存の困難気道予測ツールは、緊急挿管には実用的ではなく、生理学的データを取り入れていない。HEAVEN 基準(低酸素血症、極端なサイズ、解剖学的問題、嘔吐/血液/液体、出血、頚部可動性)は、緊急の迅速挿管(RSI)に際してより意義がある可能性がある。 ・後ろ向き分析には、航空医療 RSI 患者を含めた。RSI 前に HEAVEN…
コメント:0

続きを読むread more

乳児の麻酔導入中の低酸素血症、徐脈、喉頭鏡検査複数回試行:単施設、後ろ向き研究

<このトピックについては既に知っていること>:乳児の気管挿管の成功は、年長の小児や成人と比べて解剖学的構造や生理学が異なるため、習得が難しい技術である可能性がある <この記事が教えてくれる新しいこと>:小児科四次大学関連施設で、待機的気管挿管を受ける健康な乳児の 16% で複数回の喉頭鏡検査が行われた。また、麻酔導入時に酸素飽和度…
コメント:0

続きを読むread more