超音波で測定した輪状甲状膜レベルでの気道内腔までの深さ

・緊急輪状甲状膜切開術の前に気道までの予想到達距離を知ることができれば、測定できない場合には成功を改善するかもしれない。著者らの目的は、成人患者の大規模集団で超音波により輪状甲状膜での気道までの深さを測定することであった。 ・オックスフォードとグロスターの 2 施設での前向き観察研究で、さまざまな外科手術を受うける患者が研究された…
コメント:0

続きを読むread more

気管挿管による上気道合併症

・気道維持のゴールドスタンダードは、経喉頭気管挿管であるが、合併症がないわけではない。気管挿管の行為の結果としての上気道への外傷は、全身麻酔下で処置を受ける成人のよくある出来事である。 ・挿管中に注意が必要な部位には、喉頭構造、咽頭および口腔、ならびに鼻咽頭挿管が行われる場合の鼻腔が含まれる。患者は、評価と管理を困難にする可能性の…
コメント:0

続きを読むread more