重症低酸素供給の持続時間は、心臓手術後の急性腎障害に関連している

・急性腎障害は、死亡率に関連した心臓手術後の重症合併症である。酸素供給の制限は、急性腎障害の潜在的な危険因子である。本研究の目的は、腎機能に及ぼす人工心肺中の低酸素供給持続時間(<272 mL/min/m2)の影響を調査することであった。 ・冠動脈バイパス移植手術±弁修復術を受ける患者が含まれた(n=1968)。人工心肺中に酸素供…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔下の帝王切開時のシバリングの危険因子: 前向き観察研究

・脊椎麻酔下の帝王切開時のシバリングはよく見られる現象である。酸素消費量を増やすことで患者の生理機能を変えるだけでなく、分娩者の出産の経験にも影響を与える可能性がある。シバリングは術中低体温に関連すると考えられているが、危険因子と正確なメカニズムは不明のままである。 ・著者らは、不安度を含む術中シバリングの潜在的危険因子を調査する…
コメント:0

続きを読むread more