■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/09/18

MCQ61.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (i____________) : イオン泳動/イオントフォレーシス

(2) (t_________) (c_______) : 経鼻カテーテル

(3) (m____________) : ミオグロビン尿

(4) (a_______) : 自律性

(5) (h______) (i_______) (e_____________) : 低酸素性虚血脳症


[解答]
(1)iontophoresis(2)transnasal catheter
(3)myoglobinuria(4)autonomy
(5)hypoxic ischemic encephalopathy


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(神経筋遮断) アセチルコリン受容体について正しい記述はどれか。

ア:アセチルコリン受容体の二つのβサブユニットに、アセチルコリン2分子が結合することにより、イオンチャンネルが開く。

イ:神経筋接合部に存在するアセチルコリン受容体は、ニコチン用受容体である。

ウ:アセチルコリン受容体にアセチルコリンが結合して構造的変化が起こり、陰イオンがイオンチャンネルを通過できるようになる。

エ:上位ニューロン疾患では、神経筋接合部とは別の場所(extrajunctional)にアセチルコリン受容体が存在する。

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] アセチルコリン受容体は二つのα、各一つのβ、δ、εサブユニットからなる。アセチルコリンや筋弛緩薬は、αサブユニットに結合する。二つのαサブユニットにアセチルコリンが結合すると、ナトリウム、カリウム、カルシウムなどの陽イオンがイオンチャンネルを通過できるようになる。extrajunctional のアセチルコリン受容体は、熱傷、筋損傷、上位運動ニューロン障害(脳卒中、脊髄損傷)、下位ニューロン疾患で増加する。アセチルコリン受容体の半減期が1週間以上であるのに対して、extrajuntionalのアセチルコリン受容体の半減期は1日以下である。アセチルコリン;アセチルコリンは神経節、骨格筋接合部、副腎髄質および平滑筋臓器、腺に対する神経から刺激伝達を行う化学伝達物質であるが、前3者に対しては、(1)ニコチン様作用(少量のニコチンを与えたときと同じ作用を生じ、アトロピンで は抑制されない。神経節の場合には大量のニコチンによって、筋接合部はクラレ によって抑制される。)、後2者に対しては(2)ムスカリン様作用(ムスカリンを与えたときの効果を生じ、アトロピンにより抑制される。)という。したがって、ニコチン様作用は交感神経刺激効果として血圧上昇などをきたすが、薬理学実験においてはアセチルコリンのムスカリン様作用を遮断した後にのみ観察される。ムスカリン様作用は副交感神経支配下の効果器官に対する刺激効果として、例えば心拍数の減少、末梢血管の拡張による血圧下降、消化管運動の亢進、唾液などの腺分泌増加が起こる。


[正解] (イ)、(エ) [出典] 麻酔科クリニカル問題集





【問題3】(心臓・血管) 収縮性の指標とならないものはどれか?
1) Emax
4) max-dP/dt
2) Vmax
5) 心室機能曲線
3) PCWP


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 肺動脈楔入圧(PCWP)は前負荷の指標である。心室機能曲線、max-dP/dt、Emax、Vmaxはいずれも心収縮性の指標とされる。


[正解] 3 [出典] クリティカル記憶術2P214



【問題4】(血液) 輸血療法について正しいのはどれか?

ア:平均的成人男性の推定血液量は約75ml/kgである。

イ:赤血球濃厚液-LRの有効期間は、採血後21日間である。

ウ:新鮮凍結血漿FFPにはMAP液も含まれている。

エ:急性出血を晶質液で補正すると、心拍出量は増加する。

オ:新鮮凍結血漿-LR 1単位(FFP-LR-1)の容量は約80mLである。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ア:○:平均的成人男性の推定血液量は約75ml/kgであり、平均的成人女性では約65ml/kgである。
イ:○:赤血球濃厚液-LRの有効期間は、採血後21日間である。新鮮凍結血漿-LRの有効期間は、採血後1年間である。
ウ:×:新鮮凍結血漿FFPにはCPD液が含まれている。MAP液は赤血球を保存するために開発された赤血球保存液であり、赤血球濃厚液には含まれているが、新鮮凍結血漿には含まれていない。
エ:○:急性出血を晶質液で補正すると、血液の粘性が低下するために心拍出量は増加する。
オ:×:新鮮凍結血漿-LR 1単位(FFP-LR-1)の容量は約120mLである。以前は、1単位80mlであったが、2007年8月からは、1.5倍量の120mlとなっている。



[正解] 解説を参照 [出典] 麻酔科シークレット第2版 p33-39、各種血液製剤添付書

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント