■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/09/25

MCQ52.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (i________) (a_____) : 変力作用

(2) (v___) (t___) : 減圧管/減圧チューブ

(3) (s____________) : 滅菌/殺菌

(4) (c_______) (a_____) (d_________) : 冠動脈解離

(5) (e______) (r_____) : 弾性収縮力/弾性反跳


[解答]
(1)inotropic action(2)vent tube
(3)sterilization(4)coronary artery dissection
(5)elastic recoil


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(体液・電解質) 血清カルシウムのうち生理機能と関連しているイオン化カルシウムは約何パーセントを占めるか?
1) 13% 2) 53% 3) 23% 4) 63% 5) 83%

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] Caは神経筋活動に不可欠であり、内分泌機能、血液凝固機能にも重要である。凝固因子の4番目=Ca(カル4ウム)、抗不整脈薬の第4群=Ca(カル4ウム)拮抗剤(Vaughan Williamsの分類)、生体機能に重要なのは、イオン化Caである。総Caのうち45%はイオン化しているが、残りの大部分はアルブミンと結合している。通常は総Ca値が測定されるので、アルブミン濃度で補正して考える。「補正Ca=測定Ca+4−アルブミン」アルブミンに対するCaイオンの結合は水素イオンと競合するので、血液pHが上昇する(アルカローシス)とアルブミンに結合するcaイオンが増え、イオン化Caが低下する。全Ca量=20g/kg、99%は骨のCaであり、1%が細胞外液と細胞内液に存在する。細胞内液中のCa濃度は細胞外液の1/10000以下である。


[正解] 2 [出典] クリティカル記憶術1P205





【問題3】(呼吸) 患者が一気に吸いたいだけ吸うことができて、しかも呼吸を補助してくれる呼吸モードはどれか?
1) CMV
4) PSV
2) SIMV
5) IRV
3) CPAP


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] SIMV=「自発呼吸の合間に自発呼吸をトリガーして強制換気が行われ、最低換気量が保証される呼吸モード」、プレッシャ・サポート=「患者の呼吸に合わせて、設定圧になるまで呼吸を補助する換気モード」、CMV=「すべての換気が強制換気(調節換気)である呼吸モード」、CPAP=「自発呼吸下に持続的に気道内に陽圧をかける呼吸モード」、これらのうち、患者が一気に吸いたいだけ吸うことができて、しかも呼吸を補助してくれる呼吸モードはプレッシャ・サポート(=PSV)である。


[正解] 4 [出典] 新版・人工呼吸器の使い方P20



【問題4】(溺水・中毒・体温) 体温調節中枢はどこにあるか?
1) 中脳 2) 橋 3) 延髄 4) 大脳皮質 5) 視床下部

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 体温調節中枢は視床下部に存在する。アスピリンは体温セットポイントを移動させて解熱効果を示す。体温調節機構が失われた受動的な高体温にはアスピリンは無効である。発熱物質pyrogenとは、視床下部に作用して体温を上昇させるもので、外因性(グラム因性菌の内毒素など)と内因性高分子発熱物質(外因性発熱物質により活性化された貪食細胞から遊離してくる蛋白)、内因性低分子発熱物質(PGE2、 cyclic AMP、セロトニン、ノルエピネフリン)などがある。


[正解] 5 [出典] クリティカル記憶術2p80

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント