帝王切開のための脊椎麻酔後の低血圧の予防:無作為化対照試験の系統的レビューとネットワークメタ分析

・帝王切開の脊椎麻酔は、一般に母体の低血圧を引き起こす。この系統的レビューとネットワークメタ分析は、帝王切開で脊椎麻酔を受ける女性の低血圧を防ぐ方法を比較した。 ・著者らは、MEDLINE、Embase、Web of Science を 2018 年 12 月まで検索して、低血圧を防ぐための介入と別の介入または非介入対照を比較した…
コメント:0

続きを読むread more

ケタミンは、人工膝関節全置換術後の痛みとオピオイド消費量を軽減する:無作為化比較試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・2019 年 2 月まで、PubMed、Embase、Ovid、Cochrane Library、Web of Science、CNKI、Wanfang Data、VIP を含む電子データベースで、膝関節全置換術患者のケタミンに関する全記事を…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節または股関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性:無作為化プラセボ対照試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術または股関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library の創始から 2019 年 5 月 22 日まで、人工膝関節または股関節全置換術を受けた患者の術後疼痛緩和のためにケタミンとプラセボの有効性と安全性を比較した無作為…
コメント:0

続きを読むread more

分娩女性の偶発的硬膜穿刺後のクモ膜下カテーテル挿入:メタ分析と試験逐次分析の最新情報

・2013 年のメタ分析では、偶発的硬膜穿刺後にカテーテルをクモ膜下に挿入することで、硬膜外鎮痛を要望する女性の硬膜外血液パッチの必要性を減らす可能性があることが示された。従来のメタ分析を更新し、試験逐次分析(TSA)を追加した。 ・系統的文献検索を実施して、クモ膜下にカテーテルを挿入したのと、硬膜外カテーテルを再留置、あるいは、…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下で鼻中隔形成術を受ける患者における音楽療法の効果

・音楽は、ストレスと不安を軽減するためのリラクゼーション法として数年間使用されてきた。これは、痛みを伴わず、安全で、安価で、実用的な非薬理学的治療法であり、世界中で広く使用されている。著者らは、全身麻酔下で待機的鼻中隔形??成術を受ける患者の術中意識、患者満足度、覚醒時痛、覚醒の質に及ぼす音楽療法の効果を評価することを目的とした。 …
コメント:0

続きを読むread more

出産時の脊柱管麻酔後の硬膜穿刺後頭痛と頭蓋内硬膜下血腫との関連

・出産時の女性は、脊柱管麻酔に続発する硬膜穿刺率が高く、頭痛のリスクが高い。硬膜穿刺後頭痛とその後の頭蓋内硬膜下血腫と中に有意な関連があるかどうかは不明であると思われる。研究の目的は、硬膜穿刺後頭痛と分娩後頭蓋内硬膜下血腫との関連を調査することであった。 ・このコホート研究では、2010 年 1 月から 2016 年 12 月まで…
コメント:0

続きを読むread more

新生児の消化管手術における硬膜外麻酔と全身麻酔の併用 vs全身麻酔:無作為化対照試験

・術後イレウスは、全身麻酔下での消化管手術の頻繁な合併症である。本研究の目的は、硬膜外全身併用麻酔が待機的消化管手術を受ける新生児の消化管機能回復の促進に関連しているかどうかを調査することであった。 ・大学病院で消化管手術を受けた 60 人の新生児を含む無作為化比較試験が実施された。30 人の新生児が硬膜外全身併用麻酔(CEGA)…
コメント:0

続きを読むread more

静脈内アセトアミノフェンは小児扁桃摘出術における周術期オピオイド使用を減らすか?

・オピオイド使用に伴う安全性の懸念から、術後疼痛管理は小児耳鼻咽喉科で大きな関心を集めている。著者らは、術中の静脈内アセトアミノフェンの追加により、小児扁桃摘出術における周術期モルヒネ使用が減少するかどうかを調査しようとした。 ・本研究は、三次医療の小児病院で実施された後向きコホート研究である。扁桃摘出術±アデノイド切除術を受けた…
コメント:0

続きを読むread more

アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の危険因子と術後合併症へのその影響:2000 人の患者の後ろ向き分析

・アデノイド扁桃摘出術はよく実施されている手術であり、睡眠障害呼吸は手術の適応としてますます重要になっている。閉塞性睡眠時無呼吸患者のリスクは高いため、これらの患者に必要な術後ケアのレベルは現在検討中であり、リスクのある患者をより適切に特定することで、不必要な術後モニタリングを減らしうる。 ・アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の…
コメント:0

続きを読むread more

区域または全身麻酔による手術後の認知機能:地域住民ベースの研究

<ハイライト> ・麻酔を伴う手術への曝露は、世界的な認知機能低下の加速に関連している。 ・認知機能の全体的低下は、区域麻酔と全身麻酔後とも同様である。 ・手術後、全身麻酔を伴う手術後には、記憶力の低下が促進される場合があるが、区域麻酔では記憶力低下はない。 <要旨> ・著者らの目的は、区域麻酔(RA)による手術が、以前に報告さ…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における超音波補助 vs ランドマーク指標の傍正中脊椎麻酔:無作為化対照試験

・脊柱管超音波は脊椎麻酔の有効性を改善する可能性があるが、これは高齢者の傍正中法では検証されていない。本研究の目的は、超音波補助傍正中法が高齢者のランドマーク指標の傍正中法と比較して成功に必要な針穿刺回数を減らす可能性があるかどうかを評価することである。 ・2017 年 10 月から 2018 年 1 月まで、韓国のソウルにある三…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法、外科的ストレス、脊椎手術後の認知機能障害の関係:無作為化試験

・手術に伴う外傷は、術後の認知機能障害をきたす可能性のある全身性炎症性変化を引き起こすことが知られている。本研究では、著者らは、術後の炎症性変化、細胞性免疫、認知機能障害に関して、硬膜外麻酔プロトコルの効果を従来の麻酔の効果と比較した。 ・胸腰椎多椎間の除圧術および融合を受けた年齢 45-60 歳の 48 人の患者は、2 群のいず…
コメント:0

続きを読むread more

ロピバカイン創部浸潤と静脈内フルルビプロフェンアキセチルによるマルチモーダル鎮痛は、根治的甲状腺摘出術後の鎮痛効果…

・甲状腺切除は軽度の外傷を引き起こすよくある手術である。それにもかかわらず、術後疼痛は依然として患者ケアにおける大きな課題である。鎮痛剤と鎮痛法の併用を含むマルチモーダル鎮痛は、術後疼痛管理に際してますます一般的になっている。本研究では、根治的甲状腺切除後のロピバカイン創部浸潤と静脈内フルルビプロフェンアキセチルの併用によるマルチモーダ…
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸を投与された外傷患者における輸血必要量の後ろ向き的研究

・「外傷緊急蘇生でのトラネキサム酸の軍事的応用研究(MATER)」および「重篤な出血での抗線維素溶解薬の臨床的無作為化 2」(CRASH-2)は、トラネキサム酸(TXA)が外傷性出血患者の死亡率を低下させることを示している。しかし、外国と米国軍の兵士で行われたそれらの結果は、米国の民間人の外傷患者への一般化可能性に対する懸念を引き起こし…
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者における ProSeal ラリンジアルマスクと Air-Q ブロッカーの比較

・ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)は気道管理用の確立された器具であり、Air-Q Blocker(AQB)は比較的新しい声門上器具である。本研究の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける成人で AQB と PLMA を比較することである。 ・全身麻酔下に腹腔鏡下胆嚢摘出術を予定している 88 人の成人患者を無作…
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術における術後せん妄の病因と関連因子

・せん妄は、整形外科手術後の高齢患者にとって重症合併症である。本研究の目的は、韓国での整形外科手術後せん妄の病因と関連因子を評価することであった。 ・整形外科手術を受けた年齢 50 歳以上の 3,611 人の患者の診療記録を後ろ向きにレビューした。患者の年齢(50 代、60 代、70 代、> 80 代)、麻酔の種類(全身、脊椎、局…
コメント:0

続きを読むread more

困難気道が予測される患者における覚醒下声門上気道ガイドの気管支ファイバー挿管:症例シリーズおよび叙述的文献レビュー

・全身麻酔導入後に気道を確保しようとする試みが、潜在的に困難であったり、失敗することによって危害につながる可能性がある場合、困難気道では覚醒挿管が適応となる。従来の覚醒下気管支ファイバー挿管は、経鼻、あるいは、あまり一般的ではないが、経口で行われる。声門上気道器具(SAD)を介した覚醒下経口気管支ファイバー挿管(FBI)はあまり一般的で…
コメント:0

続きを読むread more