尿道内高濃度リドカインが尿力学的排尿パラメーターに及ぼす影響を評価する無作為化比較試験

・研究の目的は、健康な成人女性で、尿道内麻酔が排尿効率(VE)を低下させ、カテーテル挿入時痛を軽減し、尿力学パラメータに影響を与えるかどうかを評価することであった。 ・無作為化二重盲式プラセボ対照試験で、参加者は尿道内に水溶性ゲルか、または 4% リドカインゲル 5 mL を 2 回投与された。主要転帰は、排尿量/(排尿量+残尿量…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫:6 人の患者の経験

・研究の目的は、脊椎麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫(ASDH)の発生に関する経験を報告することである。 ・著者らは、脊椎麻酔後の非外傷性 ASDH の症例を検出するために、2010 年から 2017 年までの診療録を確認した。全症例について、病因、手技から血腫診断までのタイムラグ、治療、転帰について分析した。 ・非外傷性 AS…
コメント:0

続きを読むread more

成人患者における複雑な脊椎手術の麻酔管理:転帰エビデンスに基づくレビュー

・レビューの目的:この記事の目的は、複雑な脊椎手術を受ける成人患者の出血量、疼痛管理、体位関連合併症について麻酔管理に関するエビデンスをレビューすることである。 ・最近の所見:複雑な脊椎手術の麻酔管理の最新のエビデンスは、系統的検索で特定され、ランク付けされた。著者らのレビューでは、トラネキサム酸の予防投与と最適な腹臥位は、患者へ…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の術後鎮痛とストレス反応に対するクモ膜下デキスメデトミジン vs 硫酸マグネシウム: 無作為化対照二重盲…

・ブロックの質と術後鎮痛を改善するために、様々な補助薬がクモ膜下麻酔薬に追加されてきた。著者らは、くも膜下デキスメデトミジンと硫酸マグネシウム(MgSO4)が同様の効果を追加するかもしれないと仮定した。著者らの目的は、帝王切開後の術後鎮痛、ストレスホルモン、鎮静特性、新生児転帰に及ぼすクモ膜下ブピバカインの補助薬としての効果を比較するこ…
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな喉頭鏡検査法による気管挿管時に上顎切歯に作用する力の比較:盲式マネキン研究

・歯牙損傷は、気管挿管のよく見られる合併症である。さまざまな喉頭鏡検査法が歯牙損傷の発生率に及ぼす影響を有効に評価するには既存のエビデンスが不十分であるため、気管挿管時に歯牙構造に加わる力を調査した。 ・挿管マネキンには、全上顎切歯に隠れた圧力センサーが装備されていた。104 人の麻酔科医が、正常気道と困難気道の両方で、マッキント…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受けた輸血患者の初期術後ヘモグロビン値と臨床転帰

・術中赤血球(RBC)輸血はよくあることだが、輸血前のヘモグロビントリガーは急性出血中に利用することが困難であるため、輸血戦略は依然として議論の余地がある。その代わりに、術後のヘモグロビン値は輸血診療についての有用な情報を提供する可能性があるが、最適目標値は依然として明らかではない。 ・これは、2010 年から 2014 年までに…
コメント:0

続きを読むread more

緊急腹部手術における硬膜外鎮痛と死亡率との関係:住民ベースのコホート研究

・緊急腹部手術は、死亡と肺合併症を含む術後合併症の相当なリスクを伴う。大きな定時手術では、硬膜外鎮痛により死亡率と肺合併症が減少する。硬膜外鎮痛と緊急腹部手術の死亡率との間の関連性を評価することを目指した。 ・前向きデータ収集によるこの集団ベースのコホート研究では、2009 年 1 月 1 日から 2010 年 12 月 31 日…
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者と若年患者における麻酔関連有害事象後の転帰の差

・より多くの高齢者が外科手術を受けるため、可能な限り安全な周術期ケアを提供する方法を学ぶことは著者らの義務である。 ・年齢 65 歳以上の患者と 65 歳未満の患者で麻酔関連有害事象後の転帰が異なるかどうかを判断するために、大規模な三次医療センターで後ろ向きコホート研究を実施した。 ・2007〜2015 年にかけて麻酔科成績…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開におけるロクロニウムとスキサメトニウムの手術条件:無作為化試験

<ハイライト> ・分娩に際しての筋弛緩の深さと手術条件を調査する研究。 ・ロクロニウムは、胎児分娩の条件を有意に改善した。 ・同様の合計時間で、ロクロニウムは切開から分娩までの時間を短縮する。 <要旨> ・帝王切開でロクロニウム vs スキサメトニウム投与後の効果発現時間と挿管条件が評価されてきたが、これまで、これらの筋弛緩薬…
コメント:0

続きを読むread more

小児の実際の絶食時間と肺誤嚥の発生率:ドイツの前向き多施設観察研究の結果

・小児の麻酔前の長時間の絶食はまだ一般的である。空腹時間を短くすると、麻酔導入時の代謝と血行動態が改善され、親子の周術期の経験が向上し、周術期管理が簡素化される可能性がある。その結果、ドイツの一部のセンターでは絶食要件が緩和されたが、国のガイドラインは依然として変更されていない。本前向き多施設観察研究は、ドイツの麻酔科集中治療医学会の小…
コメント:0

続きを読むread more