胃内視鏡検査のための麻酔小児におけるプロポフォール+ケタミンとプロポフォール+レミフェンタニルの比較

・理想的な麻酔の探求は未だに未解決の研究課題である。本研究の目的は、胃内視鏡検査に際して麻酔をかけられた小児を対象に、プロポフォール+ケタミン、プロポフォール+レミフェンタニルの 2 種類の全身麻酔法を評価し、比較することであった。 ・本研究には、全身麻酔下に上部消化管の待機的内視鏡検査に登録された 90 人の小児が含まれた。患者…
コメント:0

続きを読むread more

分娩中の音楽は、硬膜外麻酔後の初産の分娩様式に影響を与えるか?前向き研究

・研究の目的は、分娩中に音楽を流すことがへ分娩様式と妊婦のストレス度に及ぼす影響を調査することであった。 ・本前向き介入研究には、硬膜外麻酔後の初回分娩の待機時に募集された 124 人の低リスク女性が含まれた。患者は、音楽を流すかどうかの好みに従って群分けされた。音楽介入には、ソフトクラシック音楽とリズミカル音楽の 2 つのサブ群…
コメント:0

続きを読むread more

術後換気補助の必要性の早期診断のための肺超音波:前向き観察研究

・肺合併症は、大手術後の患者の合併症率と死亡率に大きな影響を及ぼす。肺超音波はベッドサイドで使用でき、集中治療室で広く受け入れられている。高リスクの手術患者における術後換気補助の予測マーカーとして肺超音波を使用できるかどうかを評価するために、前向き研究を実施した。 ・集中治療室に入室し、大手術後に人工呼吸を受けた 109 人の患者…
コメント:0

続きを読むread more

急性低酸素性呼吸不全の成人患者における挿管前の前酸素化:無作為化試験のネットワークメタ分析

・急性低酸素性呼吸不全の患者は、気管挿管中に生命を脅かす合併症のリスクがある。前酸素化は、低酸素血症と挿管関連の合併症のリスクを減らすのに役立つ可能性がある。このネットワークメタ分析は、急性低酸素性呼吸不全の成人患者における前酸素化法の有効性と安全性をまとめたものである。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Libra…
コメント:0

続きを読むread more

数十年ぶりの自炊!その51:ダイソーの野菜の水切りスピナーはコスパ最高!+保存のアイデア!

最近、あまりまじめに仕事をしていないせいか、それとも年を取って代謝が低下してきたせいなのか、すぐに太り気味になってしまう。 ウォーキングもしているが、それだけではだめみたいで、やはり食生活も変えてみる必要があるようだ。 できるだけご飯の量を減らして、野菜中心の食生活にしようということで、100 均のダイソーに野菜の水切りスピ…
コメント:0

続きを読むread more

脊柱管麻酔と全身麻酔の併用は、待機的開腹大動脈瘤修復術後の周術期転帰を有意に改善する

・開腹腹部大動脈瘤(AAA)修復のコンテキストでの脊柱管麻酔(NA)の使用のエビデンスは希薄である。本研究の目的は、待機的開腹 AAA 修復に際して、全身麻酔と脊柱管麻酔の併用 vs 脊柱管麻酔を併用しない全身麻酔(GA)の 90 日転帰を調査することであった。 ・2003 年から 2016 年までのオンタリオ州の健康管理データを…
コメント:0

続きを読むread more

産科患者の輪状軟骨の同定のための体表ランドマーク触診の有効性:前向き観察研究

・輪状軟骨圧迫を併用した迅速導入は、誤嚥を防ぐために妊娠患者の全身麻酔を導入する際に受け入れられている処置である。専門的介護者による輪状軟骨の位置を特定する精度を評価した先行研究は見つからなかったため、妊婦の輪状軟骨を正しく同定するため、分娩室で、麻酔科上級医師、麻酔レジデント、呼吸療法士(RT)、看護師など、さまざまな介護者の能力を評…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開時の周術期シバリングを予防するための脊柱管内補助剤:PRISMA ガイドラインに準拠したネットワークメタ分析

・周術期シバリングは、脊柱管麻酔下の帝王切開時に臨床的によく見られ、いくつかの脊柱管内補助剤がそれに対して予防効果があると報告されている。ただし、本研究の結果は議論の余地があり、これらの脊柱管補助薬の効果は不明のままである。研究の目的は、帝王切開時の周術期シバリングに及ぼす脊柱管内補助剤の効果を評価し、臨床応用に最適な選択肢を提供するこ…
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の最小限および中程度の鎮静に対する経口ミダゾラムの有効性:系統的レビュー

・小児患者の最小限/中程度の鎮静のために最も広く使用されている選択肢の 1 つは経口ミダゾラムである。これは、このよく知られた有効で忍容性の高い短時間作用のベンゾジアゼピンのあまりよく受け入れられていない投与経路(例えば、静脈内や鼻腔内)の代替手段を提供するためである。 ・麻酔前または診断/治療処置中の小児患者の鎮静に及ぼす経口ミ…
コメント:0

続きを読むread more

鼻腔内ミダゾラム鎮静に際しての疼痛緩和における局所リドカインの有効性:無作為化偽薬対照臨床試験

・鼻腔内ミダゾラム(INM)は、救急部や病院外の医院、画像検査室、歯科医院での鎮静剤と??してますます普及している薬剤であり、診断や小手術を容易にし、手術室と全身麻酔の必要性を回避する。INM の使用は、一般に鼻粘膜の灼熱感と関連付けられてきた。その重要性にもかかわらず、この主題は十分な研究対象とされてこなかった。本研究の目的は、INM…
コメント:0

続きを読むread more

小児の周術期死亡率に及ぼす術前低ナトリウム血症の影響

・術前低ナトリウム血症は、成人の術後死亡の独立危険因子である。著者らの知る限り、これは小児では調査されていない。 ・2014 年から 2015 年の米国外科学会手術の質改善プログラム-小児(NYSQIP-P)のデータセットから得たデータを使用して、手術を受けた小児の後ろ向き研究を実施した。主要評価項目は、30 日全死因死亡であった…
コメント:0

続きを読むread more

大量嘔吐における気道浄化のための 3 種類の気道管理法:マネキン研究

・気道管理中に嘔吐が起こり、その結果、肺への誤嚥をきたす割合は、全身麻酔を受ける絶食患者で 0.01%-0.11%、非絶食状態の救急患者で 0%-22% である。吸引補助下喉頭鏡検査気道浄化(SALAD)では、喉頭鏡検査および気管挿管を行いながら、吸引カテーテルを下咽頭に挿入する。意図的食道挿管(IEI)では、気管挿管前に盲目的に食道に…
コメント:0

続きを読むread more

小児の右内頸静脈カテーテル留置の解剖学的ランドマークとして胸骨角を使用

・小児の中心静脈カテーテルの深さを調査するために、患者の身長、体重、年齢に基づく多くの公式が存在する。ただし、この情報は緊急的状況の場合には利用できない。そこで、小児でカテーテルの位置決めをガイドする直接的な方法を考案する必要がある。 ・2015 年 7 月から 2016 年 8 月までに年齢 1 歳から 10 歳までの 80 人…
コメント:0

続きを読むread more

乳児および小児の術後呼吸器合併症に及ぼす高用量筋弛緩薬の影響

・本研究では、筋弛緩薬の投与量と乳児および小児の術後呼吸器合併症との関連を評価した。 ・手術を受ける年齢 10 歳以下の小児に施行された 6507 件の全身麻酔のデータを分析して、術後呼吸器合併症(主要評価項目)および副次評価項目に及ぼす筋弛緩薬の用量の影響を調べた。交絡因子調整分析では、年齢、手術時間、併存疾患の影響に対処した。…
コメント:0

続きを読むread more

32655 人の産科患者における硬膜穿刺後頭痛の 10 年間後向き研究

・偶発的硬膜穿刺と硬膜穿刺後頭痛は、分娩時の脊柱管麻酔の合併症としてよく知られている。本研究の主な目的は、大学関連三次医療センターで 10 年間に脊柱管麻酔を受けた全ての妊産婦で、硬膜穿刺後頭痛と硬膜外血液パッチの割合を特定することであった。2 番目の目標は、硬膜穿刺後頭痛による退院の遅れを特定することであった。 ・2006 年 …
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開のための脊椎麻酔後の低血圧の予防:無作為化対照試験の系統的レビューとネットワークメタ分析

・帝王切開の脊椎麻酔は、一般に母体の低血圧を引き起こす。この系統的レビューとネットワークメタ分析は、帝王切開で脊椎麻酔を受ける女性の低血圧を防ぐ方法を比較した。 ・著者らは、MEDLINE、Embase、Web of Science を 2018 年 12 月まで検索して、低血圧を防ぐための介入と別の介入または非介入対照を比較した…
コメント:0

続きを読むread more

ケタミンは、人工膝関節全置換術後の痛みとオピオイド消費量を軽減する:無作為化比較試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・2019 年 2 月まで、PubMed、Embase、Ovid、Cochrane Library、Web of Science、CNKI、Wanfang Data、VIP を含む電子データベースで、膝関節全置換術患者のケタミンに関する全記事を…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節または股関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性:無作為化プラセボ対照試験のメタ分析

・研究の目的は、膝関節全置換術または股関節全置換術後のケタミンの鎮痛効果と安全性を調査することであった。 ・PubMed、EMBASE、Cochrane Library の創始から 2019 年 5 月 22 日まで、人工膝関節または股関節全置換術を受けた患者の術後疼痛緩和のためにケタミンとプラセボの有効性と安全性を比較した無作為…
コメント:0

続きを読むread more

分娩女性の偶発的硬膜穿刺後のクモ膜下カテーテル挿入:メタ分析と試験逐次分析の最新情報

・2013 年のメタ分析では、偶発的硬膜穿刺後にカテーテルをクモ膜下に挿入することで、硬膜外鎮痛を要望する女性の硬膜外血液パッチの必要性を減らす可能性があることが示された。従来のメタ分析を更新し、試験逐次分析(TSA)を追加した。 ・系統的文献検索を実施して、クモ膜下にカテーテルを挿入したのと、硬膜外カテーテルを再留置、あるいは、…
コメント:0

続きを読むread more

全身麻酔下で鼻中隔形成術を受ける患者における音楽療法の効果

・音楽は、ストレスと不安を軽減するためのリラクゼーション法として数年間使用されてきた。これは、痛みを伴わず、安全で、安価で、実用的な非薬理学的治療法であり、世界中で広く使用されている。著者らは、全身麻酔下で待機的鼻中隔形??成術を受ける患者の術中意識、患者満足度、覚醒時痛、覚醒の質に及ぼす音楽療法の効果を評価することを目的とした。 …
コメント:0

続きを読むread more

出産時の脊柱管麻酔後の硬膜穿刺後頭痛と頭蓋内硬膜下血腫との関連

・出産時の女性は、脊柱管麻酔に続発する硬膜穿刺率が高く、頭痛のリスクが高い。硬膜穿刺後頭痛とその後の頭蓋内硬膜下血腫と中に有意な関連があるかどうかは不明であると思われる。研究の目的は、硬膜穿刺後頭痛と分娩後頭蓋内硬膜下血腫との関連を調査することであった。 ・このコホート研究では、2010 年 1 月から 2016 年 12 月まで…
コメント:0

続きを読むread more

新生児の消化管手術における硬膜外麻酔と全身麻酔の併用 vs全身麻酔:無作為化対照試験

・術後イレウスは、全身麻酔下での消化管手術の頻繁な合併症である。本研究の目的は、硬膜外全身併用麻酔が待機的消化管手術を受ける新生児の消化管機能回復の促進に関連しているかどうかを調査することであった。 ・大学病院で消化管手術を受けた 60 人の新生児を含む無作為化比較試験が実施された。30 人の新生児が硬膜外全身併用麻酔(CEGA)…
コメント:0

続きを読むread more

静脈内アセトアミノフェンは小児扁桃摘出術における周術期オピオイド使用を減らすか?

・オピオイド使用に伴う安全性の懸念から、術後疼痛管理は小児耳鼻咽喉科で大きな関心を集めている。著者らは、術中の静脈内アセトアミノフェンの追加により、小児扁桃摘出術における周術期モルヒネ使用が減少するかどうかを調査しようとした。 ・本研究は、三次医療の小児病院で実施された後向きコホート研究である。扁桃摘出術±アデノイド切除術を受けた…
コメント:0

続きを読むread more

アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の危険因子と術後合併症へのその影響:2000 人の患者の後ろ向き分析

・アデノイド扁桃摘出術はよく実施されている手術であり、睡眠障害呼吸は手術の適応としてますます重要になっている。閉塞性睡眠時無呼吸患者のリスクは高いため、これらの患者に必要な術後ケアのレベルは現在検討中であり、リスクのある患者をより適切に特定することで、不必要な術後モニタリングを減らしうる。 ・アデノイド扁桃摘出術を必要とする小児の…
コメント:0

続きを読むread more

区域または全身麻酔による手術後の認知機能:地域住民ベースの研究

<ハイライト> ・麻酔を伴う手術への曝露は、世界的な認知機能低下の加速に関連している。 ・認知機能の全体的低下は、区域麻酔と全身麻酔後とも同様である。 ・手術後、全身麻酔を伴う手術後には、記憶力の低下が促進される場合があるが、区域麻酔では記憶力低下はない。 <要旨> ・著者らの目的は、区域麻酔(RA)による手術が、以前に報告さ…
コメント:0

続きを読むread more

高齢者における超音波補助 vs ランドマーク指標の傍正中脊椎麻酔:無作為化対照試験

・脊柱管超音波は脊椎麻酔の有効性を改善する可能性があるが、これは高齢者の傍正中法では検証されていない。本研究の目的は、超音波補助傍正中法が高齢者のランドマーク指標の傍正中法と比較して成功に必要な針穿刺回数を減らす可能性があるかどうかを評価することである。 ・2017 年 10 月から 2018 年 1 月まで、韓国のソウルにある三…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法、外科的ストレス、脊椎手術後の認知機能障害の関係:無作為化試験

・手術に伴う外傷は、術後の認知機能障害をきたす可能性のある全身性炎症性変化を引き起こすことが知られている。本研究では、著者らは、術後の炎症性変化、細胞性免疫、認知機能障害に関して、硬膜外麻酔プロトコルの効果を従来の麻酔の効果と比較した。 ・胸腰椎多椎間の除圧術および融合を受けた年齢 45-60 歳の 48 人の患者は、2 群のいず…
コメント:0

続きを読むread more

ロピバカイン創部浸潤と静脈内フルルビプロフェンアキセチルによるマルチモーダル鎮痛は、根治的甲状腺摘出術後の鎮痛効果…

・甲状腺切除は軽度の外傷を引き起こすよくある手術である。それにもかかわらず、術後疼痛は依然として患者ケアにおける大きな課題である。鎮痛剤と鎮痛法の併用を含むマルチモーダル鎮痛は、術後疼痛管理に際してますます一般的になっている。本研究では、根治的甲状腺切除後のロピバカイン創部浸潤と静脈内フルルビプロフェンアキセチルの併用によるマルチモーダ…
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸を投与された外傷患者における輸血必要量の後ろ向き的研究

・「外傷緊急蘇生でのトラネキサム酸の軍事的応用研究(MATER)」および「重篤な出血での抗線維素溶解薬の臨床的無作為化 2」(CRASH-2)は、トラネキサム酸(TXA)が外傷性出血患者の死亡率を低下させることを示している。しかし、外国と米国軍の兵士で行われたそれらの結果は、米国の民間人の外傷患者への一般化可能性に対する懸念を引き起こし…
コメント:0

続きを読むread more

待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者における ProSeal ラリンジアルマスクと Air-Q ブロッカーの比較

・ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)は気道管理用の確立された器具であり、Air-Q Blocker(AQB)は比較的新しい声門上器具である。本研究の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける成人で AQB と PLMA を比較することである。 ・全身麻酔下に腹腔鏡下胆嚢摘出術を予定している 88 人の成人患者を無作…
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術における術後せん妄の病因と関連因子

・せん妄は、整形外科手術後の高齢患者にとって重症合併症である。本研究の目的は、韓国での整形外科手術後せん妄の病因と関連因子を評価することであった。 ・整形外科手術を受けた年齢 50 歳以上の 3,611 人の患者の診療記録を後ろ向きにレビューした。患者の年齢(50 代、60 代、70 代、> 80 代)、麻酔の種類(全身、脊椎、局…
コメント:0

続きを読むread more

困難気道が予測される患者における覚醒下声門上気道ガイドの気管支ファイバー挿管:症例シリーズおよび叙述的文献レビュー

・全身麻酔導入後に気道を確保しようとする試みが、潜在的に困難であったり、失敗することによって危害につながる可能性がある場合、困難気道では覚醒挿管が適応となる。従来の覚醒下気管支ファイバー挿管は、経鼻、あるいは、あまり一般的ではないが、経口で行われる。声門上気道器具(SAD)を介した覚醒下経口気管支ファイバー挿管(FBI)はあまり一般的で…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔は、膝関節全置換術と股関節全置換術後の合併症が少ない

・著者らは、脊椎麻酔(SA) vs 全身麻酔(GA)で、人工膝関節全置換術(TKA)と股関節全置換術の以下の 30 日転帰を比較した:(1)死亡、(2)大小の合併症、(3)転院先。 ・2011 年から 2016 年まで、米国外科学会全国手術の質改善プログラムのデータベースには、45,871 例の SA 下での股関節全置換術と GA…
コメント:0

続きを読むread more

冠状動脈バイパス移植の合併症率に及ぼす糖尿病の影響

・これまでの研究は、糖尿病(DM)が冠動脈バイパス術(CABG)術後合併症の危険因子であることを示している。DM 患者の血行再建の決定を指南するには、より現代的な研究が必要である。CABG を受けた患者の単施設研究を実施した。 ・非 DM 患者を DM 患者と比較し、入院前に DM をインスリン治療していたかどうかに応じてサブ群化…
コメント:0

続きを読むread more

気管支鏡検査中の患者管理鎮静:無作為化対照試験

・患者管理鎮静(PCS)は、早期の回復を促進すると考えられる内視鏡手術の文献的方法である。ただし、気管支鏡検査(FB)での使用に関しては限られたデータしか報告されていない。 ・本研究では、FB 時のプロポフォールによる PCS が、ミダゾラムによる看護師管理鎮静(NCS)と比較して、早期回復を促進し、気管支鏡検査者と患者の満足度が…
コメント:0

続きを読むread more

股関節骨折患者の術後せん妄を予測するリスクスコアの開発

・股関節骨折後のせん妄(PHFD)は、高齢患者の重大な臨床的問題であるが、術前の期間で使用するための適切で単純なリスク予測モデルは開発されていない。 ・2016 年の米国外科学会全国手術の質改善プログラムの股関節骨折手術を対象とした参加者用データファイルを使用して、股関節骨折手術を受けた年齢 60 歳以上の患者コホートを取得した(…
コメント:0

続きを読むread more

ICU 長期滞在 vs 短期滞在が 5年死亡率と罹患率に及ぼす影響:傾向スコア相応コホート研究

・重症疾患の長期的転帰は、重症疾患の継続期間と集中治療によって影響を受ける可能性がある。集中治療室(ICU)の短期(<8 日)と長期(≧8 日)在室後の死亡率と罹患率差を調査することを目的とした。 ・この事前計画された前向きコホート、5 年間の追跡調査には、元の EPaNIC トライアル患者が含まれた。死亡率はすべて評価された。罹…
コメント:0

続きを読むread more

心臓弁手術前の歯科治療の効果:系統的レビューとメタ分析

・この系統的レビューの目的は、心臓弁手術(CVS)または左心室補助装置(LVAD)移植前の歯科治療が罹患率と死亡率に及ぼす潜在的な影響を調査することであった。 ・著者らは、MEDLINE、Embase、Cochrane Central Register of Controlled Trials からの関連研究を含めており、1998…
コメント:0

続きを読むread more

小児閉塞性睡眠時無呼吸スクリーニングのアンケートと術後転帰:前向き観察研究

・小児の閉塞性睡眠時無呼吸(OSA)および睡眠呼吸障害(SDB)は、成人よりも複雑で多因子性の疾患である傾向がある。STOP-BANG アンケートなどの成人用スクリーニングツールはあるが、それらの適用は小児科では制限されている。依然に記載した 6 点アンケートを使用して、小児の OSA を特定し、術後の呼吸イベントを予測するためのその使…
コメント:0

続きを読むread more

硫酸マグネシウムは、重症筋無力症患者のダブルルーメンチューブ留置の満足できる条件に必要なロクロニウムの投与量を減らす

・挿管条件を達成するために最小用量の筋弛緩薬(NMB)を使用することは、重症筋無力症(MG)患者の胸腔鏡下(VATS)胸腺摘出術に際して麻酔管理における目標の 1 つである。ただし、挿管条件が最適でない場合、ダブルルーメンチューブ(DLT)による気管挿管は困難な場合がある。この二重盲式無作為化比較試験は、硫酸マグネシウムが DLT 挿管…
コメント:0

続きを読むread more

腹囲は、超音波で推定される妊婦の硬膜外の深さと強い相関関係がある:前向き観察研究

・妊婦の脊柱の処置前超音波検査により、所望の椎間腔を特定し、針の軌道と推定される針の深さを予測できる。本研究の目的は、超音波で推定される硬膜外の深さ(ED)と腹囲(AG)、肥満指数(BMI)、体重、身長、年齢との相関関係を評価することであった。 ・本前向き観察研究では、皮膚から硬膜外腔までの深さの超音波推定値を得るために、横正中面…
コメント:0

続きを読むread more

非緊急血管内腹部大動脈瘤修復における局所麻酔と全身麻酔:系統的レビューとメタ分析

・この系統的レビューの目的は、血管内腹部大動脈瘤修復を受ける患者に局所/区域麻酔(LA/RA)か、または全身麻酔(GA)を使用した周術期の臨床転帰を評価することであった。 ・包括的な電子文献検索が創始から 2018 年 9 月まで行われ、血管内修復を受けた腹部大動脈瘤患者の LA/RA と GA を比較した全ての無作為化および非無…
コメント:0

続きを読むread more

超音波検査によって測定された舌の厚さは、気管挿管困難を予測できるか?

・舌の厚さが増すと、困難気道になる可能性がある。しかし、舌の厚さを評価する方法はなかった。現在、舌の厚さは超音波検査で測定できる。本研究では、気管挿管困難なを予測するために舌の厚さの予測値を調査した。 ・気管挿管と全身麻酔を受ける成人患者が研究に登録された。舌の厚さは、麻酔前に正中矢状面で顎下超音波検査を使用して評価された。気道評…
コメント:0

続きを読むread more

喉頭鏡検査困難を予測するための前頸部軟部組織と舌の厚さの超音波測定:観察分析研究

・気道超音波は、喉頭鏡検査困難を予測するための新しいツールである。本研究の目的は、喉頭鏡検査困難を予測するために、舌骨、甲状舌骨膜のレベルでの前頸部軟部組織の厚さと舌の厚さの超音波測定の有用性を調査し、気道評価のための臨床パラメーターと比較することであった。 ・310 人の成人手術患者で、中立位とスニッフィング位で、皮膚から舌骨ま…
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開の脊椎麻酔の知覚ブロックレベルに及ぼすボディラウンドネスインデックスの影響:観察研究

・本前向き試験で、著者らは、待機的帝王切開中に脊椎麻酔を受ける妊婦の脊椎麻酔の広がりと昇圧剤の必要性を予測する際に、母体のボディラウンドネスインデックス(BRI)の有効性を調査している。 ・175 人の参加者を前向きに登録した。脊椎麻酔は、L3-L4 椎間で 0.5% 高比重ブピバカイン 10 mg で行い、BRI の最適カットオ…
コメント:0

続きを読むread more

少量のレミフェンタニル前処置は、全身麻酔導入中のスフェンタニル誘発咳嗽を抑制する:無作為化二重盲式プラセボ対照試験

・スフェンタニルの静脈内使用は咳嗽を誘発する可能性がある。本研究の目的は、全身麻酔導入時のスフェンタニル誘発咳嗽に及ぼす小用量レミフェンタニルの前注入の抑制効果を評価することであった。 ・本前向き無作為化対照試験は、2019 年 1 月 10 日から 2019 年 3 月 1 日まで実施された。全身麻酔下に待機的手術を受けた合計 …
コメント:0

続きを読むread more

術中の血行動態と術後疼痛に及ぼす術前不安の影響

・研究の目的は、患者の不安度が、術中の血行動態パラメーターと術後疼痛、患者満足度、在院期間に及ぼす影響を調査することであった。 ・2015 年 12 月から 2016 年 2 月まで、トルコ、エディルネのトラキア大学医学部、一般外科での記述的研究である。待機的胆嚢摘出術に対して 72 人の患者が手術された。彼らは、状態特性不安イン…
コメント:0

続きを読むread more

無歯顎患者のさまざまな頭頸部体位での直接喉頭鏡視野の比較

・適切な頭頸部体位決めは、直接喉頭鏡検査を成功させるための重要な要素であり、無歯顎患者の最適な体位は不明である。無歯顎患者の単純な頭部伸展、スニッフィング位、高位スニッフィング位での直接喉頭鏡視野を比較した。 ・待機的手術を予定している成人の無歯顎患者 18 人を研究に含めた。麻酔導入後、無作為順に 3 つの異なる頭頚部位で、声門…
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡検査による喉頭展開における異なる高さへの頭部挙上の効果

・本研究の目的は、全身麻酔下で待機的手術を予定している成人患者で最良の喉頭鏡視野を得るための最適な枕の高さを調査することであった。 ・困難気道を示唆する特徴がなく、気管挿管による全身麻酔下で手術を受ける成人患者 150 人を研究に登録した。麻酔導入後、枕なしの頭位と、高さ 5cm と 10cm の非圧縮性枕を使用して、直接喉頭鏡の…
コメント:0

続きを読むread more

気管支ファイバー検査中の局所麻酔のための輪状甲状膜注射 vs 進んだ分だけスプレー法:無作為化臨床試験

・診断的気管支ファイバー検査時のリドカイン投与のための輪状甲状膜注射と進めた分だけスプレー法の比較特性は明らかではない。 ・主要評価項目は、気管支ファイバー挿入から気管分岐部に達するまでの咳嗽回数と、視覚アナログスケール(VAS)での術者評価の全体的な処置満足度の群間比較であった。副次評価項目は、群間でのリドカインの総投与量、処置…
コメント:0

続きを読むread more

泌尿器悪性腫瘍の術前の血清 Dダイマー上昇患者における深部静脈血栓症の発生率と予測因子

・研究の目的は、泌尿器悪性腫瘍手術前に D ダイマーが上昇した患者の深部静脈血栓症(DVT)の発生率と予測因子を分析することであった。 ・2015 年 1 月から 2017 年 9 月までに、987 人の連続患者が当院で全身麻酔下に泌尿器悪性腫瘍の手術を受けた。これらのうち、191 人の患者は、D ダイマーの上昇により DVT に…
コメント:0

続きを読むread more

尿道内高濃度リドカインが尿力学的排尿パラメーターに及ぼす影響を評価する無作為化比較試験

・研究の目的は、健康な成人女性で、尿道内麻酔が排尿効率(VE)を低下させ、カテーテル挿入時痛を軽減し、尿力学パラメータに影響を与えるかどうかを評価することであった。 ・無作為化二重盲式プラセボ対照試験で、参加者は尿道内に水溶性ゲルか、または 4% リドカインゲル 5 mL を 2 回投与された。主要転帰は、排尿量/(排尿量+残尿量…
コメント:0

続きを読むread more

脊椎麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫:6 人の患者の経験

・研究の目的は、脊椎麻酔後の頭蓋内急性硬膜下血腫(ASDH)の発生に関する経験を報告することである。 ・著者らは、脊椎麻酔後の非外傷性 ASDH の症例を検出するために、2010 年から 2017 年までの診療録を確認した。全症例について、病因、手技から血腫診断までのタイムラグ、治療、転帰について分析した。 ・非外傷性 AS…
コメント:0

続きを読むread more

成人患者における複雑な脊椎手術の麻酔管理:転帰エビデンスに基づくレビュー

・レビューの目的:この記事の目的は、複雑な脊椎手術を受ける成人患者の出血量、疼痛管理、体位関連合併症について麻酔管理に関するエビデンスをレビューすることである。 ・最近の所見:複雑な脊椎手術の麻酔管理の最新のエビデンスは、系統的検索で特定され、ランク付けされた。著者らのレビューでは、トラネキサム酸の予防投与と最適な腹臥位は、患者へ…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開後の術後鎮痛とストレス反応に対するクモ膜下デキスメデトミジン vs 硫酸マグネシウム: 無作為化対照二重盲…

・ブロックの質と術後鎮痛を改善するために、様々な補助薬がクモ膜下麻酔薬に追加されてきた。著者らは、くも膜下デキスメデトミジンと硫酸マグネシウム(MgSO4)が同様の効果を追加するかもしれないと仮定した。著者らの目的は、帝王切開後の術後鎮痛、ストレスホルモン、鎮静特性、新生児転帰に及ぼすクモ膜下ブピバカインの補助薬としての効果を比較するこ…
コメント:0

続きを読むread more

いろいろな喉頭鏡検査法による気管挿管時に上顎切歯に作用する力の比較:盲式マネキン研究

・歯牙損傷は、気管挿管のよく見られる合併症である。さまざまな喉頭鏡検査法が歯牙損傷の発生率に及ぼす影響を有効に評価するには既存のエビデンスが不十分であるため、気管挿管時に歯牙構造に加わる力を調査した。 ・挿管マネキンには、全上顎切歯に隠れた圧力センサーが装備されていた。104 人の麻酔科医が、正常気道と困難気道の両方で、マッキント…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受けた輸血患者の初期術後ヘモグロビン値と臨床転帰

・術中赤血球(RBC)輸血はよくあることだが、輸血前のヘモグロビントリガーは急性出血中に利用することが困難であるため、輸血戦略は依然として議論の余地がある。その代わりに、術後のヘモグロビン値は輸血診療についての有用な情報を提供する可能性があるが、最適目標値は依然として明らかではない。 ・これは、2010 年から 2014 年までに…
コメント:0

続きを読むread more

緊急腹部手術における硬膜外鎮痛と死亡率との関係:住民ベースのコホート研究

・緊急腹部手術は、死亡と肺合併症を含む術後合併症の相当なリスクを伴う。大きな定時手術では、硬膜外鎮痛により死亡率と肺合併症が減少する。硬膜外鎮痛と緊急腹部手術の死亡率との間の関連性を評価することを目指した。 ・前向きデータ収集によるこの集団ベースのコホート研究では、2009 年 1 月 1 日から 2010 年 12 月 31 日…
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者と若年患者における麻酔関連有害事象後の転帰の差

・より多くの高齢者が外科手術を受けるため、可能な限り安全な周術期ケアを提供する方法を学ぶことは著者らの義務である。 ・年齢 65 歳以上の患者と 65 歳未満の患者で麻酔関連有害事象後の転帰が異なるかどうかを判断するために、大規模な三次医療センターで後ろ向きコホート研究を実施した。 ・2007〜2015 年にかけて麻酔科成績…
コメント:0

続きを読むread more

帝王切開におけるロクロニウムとスキサメトニウムの手術条件:無作為化試験

<ハイライト> ・分娩に際しての筋弛緩の深さと手術条件を調査する研究。 ・ロクロニウムは、胎児分娩の条件を有意に改善した。 ・同様の合計時間で、ロクロニウムは切開から分娩までの時間を短縮する。 <要旨> ・帝王切開でロクロニウム vs スキサメトニウム投与後の効果発現時間と挿管条件が評価されてきたが、これまで、これらの筋弛緩薬…
コメント:0

続きを読むread more

小児の実際の絶食時間と肺誤嚥の発生率:ドイツの前向き多施設観察研究の結果

・小児の麻酔前の長時間の絶食はまだ一般的である。空腹時間を短くすると、麻酔導入時の代謝と血行動態が改善され、親子の周術期の経験が向上し、周術期管理が簡素化される可能性がある。その結果、ドイツの一部のセンターでは絶食要件が緩和されたが、国のガイドラインは依然として変更されていない。本前向き多施設観察研究は、ドイツの麻酔科集中治療医学会の小…
コメント:0

続きを読むread more