緊急腹部手術における硬膜外鎮痛と死亡率との関係:住民ベースのコホート研究

・緊急腹部手術は、死亡と肺合併症を含む術後合併症の相当なリスクを伴う。大きな定時手術では、硬膜外鎮痛により死亡率と肺合併症が減少する。硬膜外鎮痛と緊急腹部手術の死亡率との間の関連性を評価することを目指した。 ・前向きデータ収集によるこの集団ベースのコホート研究では、2009 年 1 月 1 日から 2010 年 12 月 31 日…
コメント:0

続きを読むread more

高齢患者と若年患者における麻酔関連有害事象後の転帰の差

・より多くの高齢者が外科手術を受けるため、可能な限り安全な周術期ケアを提供する方法を学ぶことは著者らの義務である。 ・年齢 65 歳以上の患者と 65 歳未満の患者で麻酔関連有害事象後の転帰が異なるかどうかを判断するために、大規模な三次医療センターで後ろ向きコホート研究を実施した。 ・2007〜2015 年にかけて麻酔科成績…
コメント:0

続きを読むread more