いろいろな喉頭鏡検査法による気管挿管時に上顎切歯に作用する力の比較:盲式マネキン研究

・歯牙損傷は、気管挿管のよく見られる合併症である。さまざまな喉頭鏡検査法が歯牙損傷の発生率に及ぼす影響を有効に評価するには既存のエビデンスが不十分であるため、気管挿管時に歯牙構造に加わる力を調査した。 ・挿管マネキンには、全上顎切歯に隠れた圧力センサーが装備されていた。104 人の麻酔科医が、正常気道と困難気道の両方で、マッキント…
コメント:0

続きを読むread more

非心臓手術を受けた輸血患者の初期術後ヘモグロビン値と臨床転帰

・術中赤血球(RBC)輸血はよくあることだが、輸血前のヘモグロビントリガーは急性出血中に利用することが困難であるため、輸血戦略は依然として議論の余地がある。その代わりに、術後のヘモグロビン値は輸血診療についての有用な情報を提供する可能性があるが、最適目標値は依然として明らかではない。 ・これは、2010 年から 2014 年までに…
コメント:0

続きを読むread more