無歯顎患者のさまざまな頭頸部体位での直接喉頭鏡視野の比較

・適切な頭頸部体位決めは、直接喉頭鏡検査を成功させるための重要な要素であり、無歯顎患者の最適な体位は不明である。無歯顎患者の単純な頭部伸展、スニッフィング位、高位スニッフィング位での直接喉頭鏡視野を比較した。 ・待機的手術を予定している成人の無歯顎患者 18 人を研究に含めた。麻酔導入後、無作為順に 3 つの異なる頭頚部位で、声門…
コメント:0

続きを読むread more

直接喉頭鏡検査による喉頭展開における異なる高さへの頭部挙上の効果

・本研究の目的は、全身麻酔下で待機的手術を予定している成人患者で最良の喉頭鏡視野を得るための最適な枕の高さを調査することであった。 ・困難気道を示唆する特徴がなく、気管挿管による全身麻酔下で手術を受ける成人患者 150 人を研究に登録した。麻酔導入後、枕なしの頭位と、高さ 5cm と 10cm の非圧縮性枕を使用して、直接喉頭鏡の…
コメント:0

続きを読むread more