喉頭鏡検査困難を予測するための前頸部軟部組織と舌の厚さの超音波測定:観察分析研究

・気道超音波は、喉頭鏡検査困難を予測するための新しいツールである。本研究の目的は、喉頭鏡検査困難を予測するために、舌骨、甲状舌骨膜のレベルでの前頸部軟部組織の厚さと舌の厚さの超音波測定の有用性を調査し、気道評価のための臨床パラメーターと比較することであった。 ・310 人の成人手術患者で、中立位とスニッフィング位で、皮膚から舌骨ま…
コメント:0

続きを読むread more

待機的帝王切開の脊椎麻酔の知覚ブロックレベルに及ぼすボディラウンドネスインデックスの影響:観察研究

・本前向き試験で、著者らは、待機的帝王切開中に脊椎麻酔を受ける妊婦の脊椎麻酔の広がりと昇圧剤の必要性を予測する際に、母体のボディラウンドネスインデックス(BRI)の有効性を調査している。 ・175 人の参加者を前向きに登録した。脊椎麻酔は、L3-L4 椎間で 0.5% 高比重ブピバカイン 10 mg で行い、BRI の最適カットオ…
コメント:0

続きを読むread more