硫酸マグネシウムは、重症筋無力症患者のダブルルーメンチューブ留置の満足できる条件に必要なロクロニウムの投与量を減らす

・挿管条件を達成するために最小用量の筋弛緩薬(NMB)を使用することは、重症筋無力症(MG)患者の胸腔鏡下(VATS)胸腺摘出術に際して麻酔管理における目標の 1 つである。ただし、挿管条件が最適でない場合、ダブルルーメンチューブ(DLT)による気管挿管は困難な場合がある。この二重盲式無作為化比較試験は、硫酸マグネシウムが DLT 挿管…
コメント:0

続きを読むread more

腹囲は、超音波で推定される妊婦の硬膜外の深さと強い相関関係がある:前向き観察研究

・妊婦の脊柱の処置前超音波検査により、所望の椎間腔を特定し、針の軌道と推定される針の深さを予測できる。本研究の目的は、超音波で推定される硬膜外の深さ(ED)と腹囲(AG)、肥満指数(BMI)、体重、身長、年齢との相関関係を評価することであった。 ・本前向き観察研究では、皮膚から硬膜外腔までの深さの超音波推定値を得るために、横正中面…
コメント:0

続きを読むread more