待機的腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける患者における ProSeal ラリンジアルマスクと Air-Q ブロッカーの比較

・ProSeal ラリンジアルマスク(PLMA)は気道管理用の確立された器具であり、Air-Q Blocker(AQB)は比較的新しい声門上器具である。本研究の目的は、全身麻酔下で腹腔鏡下胆嚢摘出術を受ける成人で AQB と PLMA を比較することである。 ・全身麻酔下に腹腔鏡下胆嚢摘出術を予定している 88 人の成人患者を無作…
コメント:0

続きを読むread more

整形外科手術における術後せん妄の病因と関連因子

・せん妄は、整形外科手術後の高齢患者にとって重症合併症である。本研究の目的は、韓国での整形外科手術後せん妄の病因と関連因子を評価することであった。 ・整形外科手術を受けた年齢 50 歳以上の 3,611 人の患者の診療記録を後ろ向きにレビューした。患者の年齢(50 代、60 代、70 代、> 80 代)、麻酔の種類(全身、脊椎、局…
コメント:0

続きを読むread more