ロピバカイン創部浸潤と静脈内フルルビプロフェンアキセチルによるマルチモーダル鎮痛は、根治的甲状腺摘出術後の鎮痛効果…

・甲状腺切除は軽度の外傷を引き起こすよくある手術である。それにもかかわらず、術後疼痛は依然として患者ケアにおける大きな課題である。鎮痛剤と鎮痛法の併用を含むマルチモーダル鎮痛は、術後疼痛管理に際してますます一般的になっている。本研究では、根治的甲状腺切除後のロピバカイン創部浸潤と静脈内フルルビプロフェンアキセチルの併用によるマルチモーダ…
コメント:0

続きを読むread more

トラネキサム酸を投与された外傷患者における輸血必要量の後ろ向き的研究

・「外傷緊急蘇生でのトラネキサム酸の軍事的応用研究(MATER)」および「重篤な出血での抗線維素溶解薬の臨床的無作為化 2」(CRASH-2)は、トラネキサム酸(TXA)が外傷性出血患者の死亡率を低下させることを示している。しかし、外国と米国軍の兵士で行われたそれらの結果は、米国の民間人の外傷患者への一般化可能性に対する懸念を引き起こし…
コメント:0

続きを読むread more