高齢者における超音波補助 vs ランドマーク指標の傍正中脊椎麻酔:無作為化対照試験

・脊柱管超音波は脊椎麻酔の有効性を改善する可能性があるが、これは高齢者の傍正中法では検証されていない。本研究の目的は、超音波補助傍正中法が高齢者のランドマーク指標の傍正中法と比較して成功に必要な針穿刺回数を減らす可能性があるかどうかを評価することである。 ・2017 年 10 月から 2018 年 1 月まで、韓国のソウルにある三…
コメント:0

続きを読むread more

麻酔法、外科的ストレス、脊椎手術後の認知機能障害の関係:無作為化試験

・手術に伴う外傷は、術後の認知機能障害をきたす可能性のある全身性炎症性変化を引き起こすことが知られている。本研究では、著者らは、術後の炎症性変化、細胞性免疫、認知機能障害に関して、硬膜外麻酔プロトコルの効果を従来の麻酔の効果と比較した。 ・胸腰椎多椎間の除圧術および融合を受けた年齢 45-60 歳の 48 人の患者は、2 群のいず…
コメント:0

続きを読むread more