大量嘔吐における気道浄化のための 3 種類の気道管理法:マネキン研究

・気道管理中に嘔吐が起こり、その結果、肺への誤嚥をきたす割合は、全身麻酔を受ける絶食患者で 0.01%-0.11%、非絶食状態の救急患者で 0%-22% である。吸引補助下喉頭鏡検査気道浄化(SALAD)では、喉頭鏡検査および気管挿管を行いながら、吸引カテーテルを下咽頭に挿入する。意図的食道挿管(IEI)では、気管挿管前に盲目的に食道に…
コメント:0

続きを読むread more

小児の右内頸静脈カテーテル留置の解剖学的ランドマークとして胸骨角を使用

・小児の中心静脈カテーテルの深さを調査するために、患者の身長、体重、年齢に基づく多くの公式が存在する。ただし、この情報は緊急的状況の場合には利用できない。そこで、小児でカテーテルの位置決めをガイドする直接的な方法を考案する必要がある。 ・2015 年 7 月から 2016 年 8 月までに年齢 1 歳から 10 歳までの 80 人…
コメント:0

続きを読むread more