帝王切開時の周術期シバリングを予防するための脊柱管内補助剤:PRISMA ガイドラインに準拠したネットワークメタ分析

・周術期シバリングは、脊柱管麻酔下の帝王切開時に臨床的によく見られ、いくつかの脊柱管内補助剤がそれに対して予防効果があると報告されている。ただし、本研究の結果は議論の余地があり、これらの脊柱管補助薬の効果は不明のままである。研究の目的は、帝王切開時の周術期シバリングに及ぼす脊柱管内補助剤の効果を評価し、臨床応用に最適な選択肢を提供するこ…
コメント:0

続きを読むread more

小児患者の最小限および中程度の鎮静に対する経口ミダゾラムの有効性:系統的レビュー

・小児患者の最小限/中程度の鎮静のために最も広く使用されている選択肢の 1 つは経口ミダゾラムである。これは、このよく知られた有効で忍容性の高い短時間作用のベンゾジアゼピンのあまりよく受け入れられていない投与経路(例えば、静脈内や鼻腔内)の代替手段を提供するためである。 ・麻酔前または診断/治療処置中の小児患者の鎮静に及ぼす経口ミ…
コメント:0

続きを読むread more