■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/10/04

MCQ3.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (n__________) (p___) : 神経因性疼痛/神経障害性疼痛/ニューロパチックペイン

(2) (_______s) : 壊死

(3) (p___) (t________) : 痛覚閾値/疼痛閾値

(4) (c_________) (b____) : 伝導ブロック

(5) (l______) (f___) : 層流


[解答]
(1)neuropathic pain(2)necrosis
(3)pain threshold(4)conduction block
(5)laminar flow


[出典] 麻酔科学用語集 第3版




【問題2】(代謝・内分泌) 糖尿病の食餌療法では、安静にしている患者の場合の適性摂取カロリーはどれくらいか?
1) (40×標準体重)カロリー
3) (10×標準体重)カロリー
5) (10×身長)カロリー
2) (30×身長)カロリー
4) (20×標準体重)カロリー


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 全ての糖尿病患者に対し、食餌療法の励行が治療の基本である。必要最小限のインスリンで血糖コントロールすることが合併症予防につながる。適性カロリー摂取:安静→20kcal/kg標準体重、軽労作→25kcal/kg、中労作→30kcal/kg、重労作→35kcal/kg。バランスの取れた食品選び(6食品群の概念を教育する)。3食を均等量で、できるかぎり定時に摂取.アルコール摂取は過剰なカロリー摂取のみならず、食欲亢進、夕食の摂取過剰を招きやすくコントロールを崩す。コントロールがつくまで原則として禁酒させる。高コレステロール血症を伴うものでは卵などを控えさせる。


[正解] 4 [出典] 内科レジデント実践マニュアルP245





【問題3】(一般的な麻酔前評価) 血糖値を上げる因子はどれか。
ア:妊娠
ウ:手術によるストレス
イ:グルココルチコイド投与
エ:カテコラミン投与

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 妊娠中は、ヒト胎盤ラクドゲン(hPL)やコルチゾール増加のために、血糖値は上昇しがちである。グルココルチコイド投与、ストレスによるカテコラミン増加や外因性カテコラミン投与などでも血糖値は上昇する。


[正解] (全て) [出典] 麻酔科クリニカル問題集



【問題4】(外傷・出血・感染) 赤血球MAPのヘマトクリットはどれくらいか?
1) 60% 2) 70% 3) 80% 4) 50% 5) 40%

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 赤血球MAPは1単位150ml、ヘマトクリット60%、残り40%のうち血漿成分は非常に少なく、大部分は赤血球保存液のMAPである。だから、血漿中の種々の抗体含有量は非常に少なく、O型の血液中に自然抗体として必ず存在する抗A、抗B凝集素もほとんど除かれている。したがって、超緊急時、O型の赤血球MAPを輸血しても、臨床的に意味のある溶血が起こることはまずない。アメリカのスタンダードでは、O型の赤血球濃厚液は緊急時でなくても、乳児を除いたすべての血液型の患者に輸血することができる。従来の濃厚赤血球は1単位130ml、ヘマトクリット=70%。


[正解] 1 [出典] Lisa.Vol4-No3-p219

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント