■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/10/10

MCQ37.png




【問題1】(麻酔科学用語) 以下の略語のフルスペルと意味を答えよ。
(1) NICU (2) VT (3) MG (4) CPA (5) DSA

[解答]
(1)neonatal intensive care unit:新生児集中治療室
(2)tidal volume:1回換気量
(3)myasthenia gravis:重症筋無力症
(4)cardiopulmonary arrest:心肺停止
(5)digital substraction angiography:減算血管撮影/ディジタルサブストラクション血管造影



[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(溺水・中毒・体温) ミダゾラム(ドルミカム)の血中半減期はどれくらいか?
1) 30分 2) 6時間 3) 2時間 4) 5分 5) 12時間

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ジアゼパム(=セルシン、ホリゾン)の血中半減期=30時間(32時間)、ニトラゼパム(ネルボン)=25時間、フルニトラゼパム(サイレース、ロヒプノール)=20時間(24時間)、ミダゾラム(ドルミカム)=2時間、ちなみにベンゾジアゼピン系拮抗薬であるアネキセート(フルマゼニル)の半減期は1時間(49分)である。比較すると極めて短いので再睡眠が起こるということ。したがって覚醒状態を維持するには持続投与が必要となるが、ベンゾジアゼピン系製剤による中毒か否かの鑑別に適応を限定した方がよいとの考えもある。


[正解] 3 [出典] ポケット医薬品集91年P375



【問題3】(心臓・血管) 成人に対してカウンターショックを行う場合、まず体重あたりどれくらいのジュールで始めるか?
1) 3J/kg 2) 5J/kg 3) 7J/kg 4) 2J/kg 5) 1J/kg

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 成人に対してカウンターショックを行う場合、まず体重あたり3J/kg(200J)で始め、無効なら300J、360Jと上げる。高出力であるほど心筋障害の程度も強くなるので、低出力で除細動できるに越したことはない。


[正解] 1 [出典] 救急認定医診療指診P514



【問題4】(局所麻酔法) 静脈内局所麻酔(Bierブロック)について正しい記述はどれか。

ア:持続時間を延長させるためにエピネフリン添加リドカインを用いる。

イ:ターニケット痛に対処するにはダブルターニケットが役に立つ。

ウ:ターニケットをはずしたのちも鎮痛作用は1時間程度持続する。

エ:20分経過すれば局所麻酔薬中毒を起こす危険は低い。

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 30−60分程度の麻酔が可能である。通常は、ターニケットによる痛みが問題となる。ダブルターニケットを使用している最中にターニケット痛が出現した場合には、遠位のターニケットを膨らませ、近位のターニケットの圧を下げる。ターニケットをはずせば、鎮痛作用は速やかに消失する。エピネフリン添加局所麻酔薬を用いてはならない。20−25分経過すれば、局所麻酔薬中毒の危険は低い。


[正解] (イ)、(エ) [出典] 麻酔科クリニカル問題集

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント