■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/10/02

MCQ3.png



【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。

(1) (_________y) : 溶解度

(2) (i__________) (c_____) : 吸息中枢

(3) (____h) : [顔面]紅潮

(4) (________m) : 血管造影図

(5) (e_______) (b___) (v_________) : 体外人工呼吸器


[解答]
(1)solubility(2)inspiratory center
(3)blush(4)angiogram
(5)external body ventilator


[出典] 麻酔科学用語集 第3版



【問題2】(術前管理) 胃液について正しいのはどれか。

ア:成人の分泌速度は約50ml/時である。

イ:糖液の摂取は胃液の消失速度を促進させる。

ウ:胃からの水分消失半減期は約10分である。

エ:麻酔2〜3時間前の飲水でも導入時の胃液量を増大させない。

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 正常成人の1日の胃液分泌量は1〜2Lであるから、約50ml/hrは正解としてよかろう。脂肪含量、重量モル浸透圧濃度、およびブドウ糖含量は胃内容排出時間を延長させる。胃からの液体排出は非常に早く、半減期は約12分である。従って摂取した液体の95%は1時間で排出される(!?:標準生理学第5版p653ではそんなに早くない。)。手術日、清澄な液体のみを摂取している限り、胃液の量・pHは2時間以上経過しておれば、内因性胃液分泌が胃液の量およびpHの主要決定因子である。


[正解] (ア)、(ウ)、(エ) [出典] 第33回麻酔指導医認定筆記試験:B8



【問題3】(体液・電解質) 心不全患者の中等度のの食塩制限といえば、1日摂取量何グラム以下か?
1) 15g 2) 10g 3) 8g 4) 5g 5) 2.5g

    ▼

    ▼

    ▼

[解説] 心不全患者の軽度の食塩制限といえば、1日摂取量5グラム以下、中等度のの食塩制限といえば、1日摂取量2.5グラム以下、厳しく制限する場合には、0グラムとする。


[正解] 5 [出典] クリティカル記憶術1P87



【問題4】(静脈麻酔) ベンゾジアゼピン系薬物について正しいのはどれか。

ア:ジアゼパムの代謝産物であるoxazepamはほとんど鎮静作用を持たない。

イ:ミダゾラムの代謝産物であるhydroxymidazolamはほとんど鎮静作用を持たない。

ウ:習慣的大量アルコール摂取者では、ミダゾラムのクリアランスが増加する。

エ:グルクロン酸抱合は、加齢や肝疾患などの様々な影響を受ける。

オ:酸化反応は加齢や肝疾患などの影響を受けない。


    ▼

    ▼

    ▼

[解説] ベンゾジアゼピンの代謝は肝臓のミクロソームによる酸化反応かグルクロン酸抱合により行われる。前者は、加齢、肝疾患などさまざまな影響を受けるが、グルクロン酸抱合はこれら因子に影響されない。ジアゼパムのクリアランスは加齢で低下し、喫煙により増加するが、ミダゾラムのクリアランスは影響を受けない。習慣的大量アルコール摂取者では、ミダゾラムのクリアランスが増加するため、大量のミダゾラムを必要とする。ジアゼパムの代謝産物であるoxazepam、desmethyldiazepamは鎮静作用を持つが、ミダゾラムの代謝産物であるhydroxymidazolamはほとんど鎮静作用を持たない。


[正解] (イ)、(ウ) [出典] LiSA 1巻 2号 p2 (1994.12)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント