小児の腹腔鏡下ヘルニア修復のためのラリンジアルマスクと気管挿管:呼吸器合併症の分析

小児の鼠径ヘルニア.png・本研究の目的は、鼠径ヘルニアの経皮的内輪縫合(PIRS)を受ける小児でラリンジアルマスク(LM)と気管挿管(TI)の周術期および術後の呼吸器合併症を比較することであった。

・2015 年 10 月から 2019 年 2 月までに、鼠径ヘルニアに対して PIRS を受けた年齢中央値 4 歳の小児患者 135 人(男児 97 人、女児 38 人)が研究に含まれた。患者は 2 群に分けられた。I 群(n=94)では LM が使用され、II 群(n=41)では TI が実施された。人口統計データ、手術時間、麻酔時間、ASA-PS 分類、筋弛緩、気腹レベル、麻酔の合併症を群間で比較した。

・年齢(P=0.435)、性別(P=0.306)、肥満指数(P=0.548)、ASA-PS 分類(P=0.506)、気腹レベル(P=0.968)、手術時間(P=0.968)に有意差はなかった。LM を使用した場合、麻酔期間は TI と比較して有意に短かった(25分 vs 36分、P<0.00001)。麻酔からの回復中、気道確保に LM が使用された場合の方が、酸素飽和度低下の発生率(n=1 vs n=5、P=0.003)、喉頭痙攣(n=2 vs n=5、P=0.015)、咳(n=0 vs n=4)、P=0.002)は有意に低かった。術後咽頭痛(P=0.543)、気管支痙攣(P=0.128)、誤嚥(P=0.128)は、LM と TI 間で差がなかった。

小児麻酔で LM を使用すると、多くのよく見られる合併症が減少し、患者の麻酔時間が有意に短縮される。したがって、小児の腹腔鏡ヘルニア修復に際して小児気道管理のための貴重な器具である。

小児に限らず、成人でも、腹腔鏡下鼠径ヘルニアの手術では、LMA で十分ではないのかな。むしろその方が、気道合併症は少ないだろう。

【出典】Laryngeal Mask Airway Versus Tracheal Intubation for Laparoscopic Hernia Repair in Children: Analysis of Respiratory Complications.
J Laparoendosc Adv Surg Tech A. 2019 Oct 15. doi: 10.1089/lap.2019.0382. [Epub ahead of print]


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント