末梢静脈ラインを介した周術期ノルエピネフリン注入後の主要合併症のリスクについての多施設研究

・周術期低血圧を治療するためのノルエピネフリンの持続注入は、通常、薬物血管外漏出時の局所組織壊死のリスクを回避するために、末梢静脈カテーテルではなく中心静脈ラインを通して投与される。末梢からのノルエピネフリンが待機的手術症例の麻酔関連低血圧に対処するために使用される場合、皮膚壊死のリスクを推定するための文献は限られている。本研究の目的は…
コメント:0

続きを読むread more

人工膝関節全置換術における認知機能障害、ストレスバイオマーカー、麻酔種別との関連:前向き無作為化試験

・術後認知機能障害(POCD)は、膝関節全置換術(TKA)に伴う重症合併症であり、入院期間を長引かせ、機能障害、合併症を引き起こすことが示されている。著者らは、TKA を受ける患者で、POCD が全身麻酔または区域麻酔の使用に関連するかどうかを判断することを目的とした。著者らの仮説は、鎮静剤を使用しない区域鎮痛法を受けた群の方が POC…
コメント:0

続きを読むread more

■ 臨床麻酔とクリティカルケアのMCQ問題 ■ 2019/10/04

【問題1】(麻酔科学用語) コロン以下の日本語に相当する英単語、フレーズを答えよ。 (1) (n__________) (p___) : 神経因性疼痛/神経障害性疼痛/ニューロパチックペイン (2) (_______s) : 壊死 (3) (p___) (t________) : 痛覚閾値/疼痛閾値 (4) (c____…
コメント:0

続きを読むread more